09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

巳永、携帯を替えるのこと

2013年01月20日
こんばんは、巳永です。
昨日は、思い切って携帯を機種変更しちゃいました。(*^_^*)
まだ家庭を持っていないので、父(269)と一緒に。

しかし、買った初日からトラブル発生。
携帯特有のネットに繋がらず、メールや電話もできないので、
高い機種代を出したのに無用の長物に。



翌日の今日、交換を申し出るべく同じ携帯ショップに行く。
「ここをいじれば直る」と言われた点や、設定内容は確認済み。

するとあろうことか、答えは
「一日経ってしまったので、
ここでは新品交換は受け付けかねます」
「ここは販売専門の店なので、
アフターサービスは行なっておりません。
隣の××ショップに行っていただけますか」


行っていただけますか、じゃねーよバカ。

結局、となりに都合よくあった携帯屋本店に行くハメになりました。
(先に訪ねたところは出張店だったようです)

その前に、父はその出張店の責任者を呼びつけて、
「一日過ぎたというだけで、初期不良の交換すら
受け付けないというのはおかしい」
という趣旨でお説教して、
何度も謝らせていました。

私の父は、怒らせると戦闘力が跳ね上がるのです。
私もその血を継いだみたいですけどね。
「みーちゃん怒らせたら怖い」って。
いかにダメージを与え、かつ憤慨は抑えて、
相手に訴えかけるかを考える私とは少し違いますが。




そして、言った先の本店で「ICチップ交換を試してみますので、
身分証明書を見せて下さい
」と言われる。
はて、そんなもの持ってきていないと言うと、
機種変更の契約には、ご本人様の身分証明が必要なはずですが」。
いや名前と携帯番号教えたら機種変更してくれたけどと言うと、
「そんなんで変更できたんですか!?
それどこの店ですか?」

と言われ、「そんなことが許されていいのか」という顔をされる。

結果、父が代理人としてICチップ交換には辿りつけましたが、
免許証くらい持ってきておけばよかったですね。
機種売りたいだけみたいな精神丸出しの
出張店が一番悪いんだけど。


それでも直らなかったので、運良く新品交換可能なサービスに入っていたおかげで、
代理品を郵送してくれることになりました。

「(新品交換サービスの窓口に)お客様に過失が
ない旨を伝えれば、無料で交換してくれるはずです

と言われ一安心。



やはり、電気屋の中にある携帯電話コーナーはダメだな。
決して携帯電話会社のせいではないので、
どこのメーカーのケータイかは伏せることにします。
ケータイを買ったり替えたりしたい方は、お気をつけて。



代理品は、木曜日頃届く予定だそうです。
今度こそ、携帯として使える携帯が来るといいな…。
スポンサーサイト
モバイル関連 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示