09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

eSATAを体験してみた

2012年10月14日
こんにちは、巳永です。

今日は、eSATAなるものをうちのPCに導入してみました。

今まで、読み込み30MB毎秒,書き込み25MB毎秒のUSB2.0
メインデータを置いていましたからね、コピーや移動に時間かかるぅ…
(OSとプログラムはSSDです)

そこで調達したのが、

これと

【PS04】玄人志向GW3.5AA-SUE

【PS04】玄人志向GW3.5AA-SUE
価格:1,980円(税込、送料別)


これ。

既に持っていたもう一つのHDDケースが、デフォルトでeSATA端子があったので、
SSD換装前の元のHDDと、大容量の購入したHDDを、
このインターフェイスカードでeSATA接続してしまおうという作戦です。

eSATAポートのカードと、このHDDケースを含む2台のHDDケースを接続したところで、準備完了。

…と思ったら。

OS起動がめっちゃ遅いし片方が認識しない。

最初はインターフェースカードの初期不良を疑ったが、フォーマットや再起動を繰り返すうちに
ひとつの疑問にたどり着いた。

HDDケース側に問題があるのではないかと。

試しに認識する方のケースと、しない方のケースを開けて、HDDを入れ替えてみた。

すると発覚、やはりケースのほうがHDDをeSATAでつなぐのに失敗しているようで。



ぐぐってみるとこのケース、当方のHDDはSATAIIだが、
SATAIのハードディスクじゃないとeSATA接続では
認識してくれないことがある
そう。

で、HDDをジャンパでショートさせれば認識するかもしれないとのこと。

ショートってなんやねん、正気かヽ(`Д´)ノ、と。
箱にはSATAIIの内蔵HDDでも使えるって書いてあったじゃない、と。


まあショートといっても、剣山のような端子にキャップみたいなパーツをはめ込むことらしい。


面倒くさいすぐにHDDが同時稼働していなければならない状況では
ないので、とりあえずは容量の大きい方だけeSATAで運用するつもり。
差分をバックアップするだけの用途ならUSB2.0でも充分だしね。


※2012年10月16日追記;
中身がWestern Digital社のHDD限定で、解決法を掲載しました。
詳しくはこちら



速度も結構速いのよ。

2012-10-14 12 31 52

下手するとSSD換装前の、標準装備HDDだった頃より速いかも。
eSATA恐るべし。

ちなみに、前述した「起動が遅くなる」ってのもある程度は改善しました。
認識できないものを探すのに時間がかかっていたようで、
認識するようにUSB2.0に逃がすとすぐに。

SSDなんだから、起動早くないと意味ないもんね。

SSDってなんじゃいという方には、ある程度の知識が必要にはなりますが、
換装してOSやプログラムを入れてみることをお勧めします。
速度が化けます。

値段は下り坂だから、買いどきが難しいんだけどね。
半年前の価格を今出せば、2倍の容量が買えちゃいます。

なお換装の詳しい方法はうちでは解説しないので、専門のブログなりHPなりを参考にしてください。
それとハードディスクを交換する行為は、メーカーに依っては
保証を捨てることになる場合もあるのでご注意を。


とりあえずメインのHDDを高速化できたのでよしとします。
サブ機は外したい時外せたほうがいいし。
現在データを再構成中です。

それではまた。
スポンサーサイト
PC関連 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示