FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

微積分と仲直りしたかった…

2018年01月19日
ごきげんよう。

こないだアルバムなどを整理していたら、
中学時代の通信簿が出てきましてね。

あの頃はよかった…!
威張れる話でもないんで詳しくは書きませんが、
とにかく学年でもすごい成績だと言われていました。

ところが高校!もう忘れたいくらいでして。
体育だけは大嫌いだったんですがそこに数学も追加されました。
文系だったんですが数II・Bが地獄でしてね。
ベクトルなんか一体何をやっているのか訳わかんないし、
中間…か期末で微積の範囲だった時、別に嫌いな先生じゃなかったんですが、
答案返される時「もう少し頑張らないと、いかんよな?」
と言われてしまいました。

それから数学と縁を断ってしばらくですが、
このまま数学不出来のまま往ねないという闘志があるわけですよ。
勝負事はあまりしませんけど根っこは負けず嫌いなんですかね。
参考書もいろいろ巡りました、しかし
「こんだけ丁寧に説明してあげてるんだから…」
みたいな驕りがどうも見えるやつが多いんですね。

そんな中 出会った本をご紹介します。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

坂田アキラの 数IIIの微分積分が面白いほどわかる本
価格:2700円(税込、送料別) (2018/1/19時点)




数学の分野別攻略に特化したスタイルで執筆されている、
坂田アキラ先生の参考書です。

くどいくらい丁寧に説明されないとわからないという人にはおすすめですが、
一単元でこのボリュームなのでよほど苦手な分野か、
私の微積に対するそれみたいによっぽど思い入れのある分野に絞ったほうがいいです。
取り組む前に全単元揃えるとかは現役の方だと特にとんでもない話です。

それからもう一つ。
全編にわたり非常にクセが強い参考書であることも申し上げておきます。
他の参考書ではまずないくらいの、ジョークを交えた口語で書かれていたり、
至る所にこれまた独特のイラストが挿入されていたりするので、
某通販サイトで中を見ずに買ったんだろうな、という方の
「なんなんだこの本は!」といったレビューが残されていたりもします。

興味を持たれた方は一度書店で、彼のシリーズを手にとって
数十ページくらいめくってみて、
“彼の世界観”が合うかどうか見てからにすることをおすすめします。
私は、よその「こんくらい分かれ」的な偉そうな参考書はキライなので
このシリーズのコミカルさは好きですけどね。
解説の丁寧さは他に類を見ないです。
よくある問題集みたいに
例題見る→「ふーん…」→練習問題見る→「…で、これらをどうしろと?」
ってイライラすることもないのでスムーズに読み進められます。



今現役生たちは受験シーズンか…
私も学生に戻っている夢をしつこいくらい何度も見ます。
数学と仲直りして、決着着けましょうか…
…自分で言うのもあれですが、しんどいし忙しいしで時間取れないのが
現状ですが…

それではまた。
スポンサーサイト
学習記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示