05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

第6弾 イヤホンレビュー

2017年04月10日
ごきげんよう。
このジャンルお久しぶりです。

それではスタート。



HA-FX11X (JVC)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JVC HA-FX11X-B(ブラック) ステレオミニヘッドホン
価格:2453円(税込、送料別) (2017/4/10時点)



…重低音聴きたいけどあんまりガンガンなるのはイヤ、
 手頃な価格で楽しみたい、という方はこれ。
 低音というのはどうしても高音に負けがちですが、
 そこに少し、ブーストをかけてくれる感じです。
 ふつうの曲ならドゥンドゥンなってうっとうしい、とまではならないかと。



HA-FX33X (JVC)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JVC HA-FX33X-B(ブラック) ステレオミニヘッドホン
価格:4236円(税込、送料別) (2017/4/10時点)


…11Xの上位機種ですね。低音にさらにブーストがかかり、
 リバーブも若干かかっているような聴こえ方になります。
 リバーブとはカラオケマシーンがよくかけているエフェクトです。
 全体的には鼓動のような音、という印象でしょうか。



MDR-XB50、MDR-XB70 (SONY)



…SONYさんが重低音として出しているモデルは、
 ロックやハードコア系の音楽が好きな人にはたまりませんね。
 これらはノリノリになるような曲なら外れない…という個人的な感想です。
 70の方がより低音域やエレキギターなどの増幅も強めですが、
 そこまでくどくなく聴ける印象です。


MDR-XB90EX (SONY)


…70のさらに上位機種です。
 とはいっても、70を越えるさらなるブースト…というわけではなく、
 逆にヘビー感を少しやわらかめにして、
 重低音を大事にしつつクリアに聴けるようになっています。



SHE9720 (PHILIPS)


…ここまでと比べると、あまり「重低音!」という感じではなく、
 クセが少なくて聴きやすいです。
 楽器はやや強めに思いましたが、万人受けしそうです。



MDR-EX450、MDR-EX750 (SONY)



…上のMDR-XBシリーズと比べて、よりクセが少なく、
 エフェクトが控えめです。
 ロック音楽などの楽器をバンバン強く、
 ということはないですが、
 埋もれやすい低音域自体はかなり聴こえやすく
 なっています。
 750は上位機種ですが、450の全体的な要素が
 強調・増幅されていたように感じました。



XBA-C10 (SONY)


…ここまでとは方向性が違うイヤホンです。
 オンボーカルの曲で、伴奏を少し抑えめにしつつ、
 ボーカルを引き立てます。
 声を増幅させるので、力強く歌うような曲には
 特に向いているような気がします。
 ただ、ボーカルのない曲でもメリハリをつけてくれるので、
 声入らない音楽では損、なんてことは決してありません。



今回は以上になります。

体調整えて、またちゃんと更新していきたいものです。
スポンサーサイト
ヘッドホン・イヤホン | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
AIMP - Free Audio Player
巳永の屋敷は、開発者の方々に承認を頂いたAIMP応援ブログです!