07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

熱血修造カレンダーを買ってみた

2016年02月02日
ごきげんよう。
最近、松岡修造さんの熱血日めくりカレンダーを買ってみた。



この2つだ。
日にちの数(31)だけ応援メッセージが用意されており、
毎日めくってそれを読んでは、心の励みになるというものだ。
1ヶ月で1周するため、使い捨てにならない。


修造さんファンとしてはぜひとも押さえたいということで、
いろんな本屋を巡ってついに手に入れた。
諸事情あって車が出せなかったので、徒歩で本屋をまわったよ。
買えた時の喜びは格別だったね。

品切れになっている店も多いらしく、買い占めて転売する馬鹿もいるとのこと。
そのせいで、新しい方(後者)には、
出版社も「営利目的での転売禁止」と印字する羽目に。
Amazonでも一時品切れになっていて、一昨日再入荷した模様。



それで、部屋に飾っているけど、いいよ、これ。
メッセージの無断転載が禁止されているので、
例えばこんな言葉がある、と紹介できないのが残念
だけど、
数学嫌いでI・Aも怪しいまま高校出た後、
もう数学はやらないって一度は決めた私でも、
仲直りしてみようかな…と思わせるほどのポジティブメッセージの数々。

それも、ただ「頑張れ頑張れ」ではなくて、
ご自身の経験や例え話などを持って来て、
論理的に主張しているものが多いので、
思わず納得できるようにできている。
挫折と絶望から立ち直って成功した人間が
言うことだからこそ、人の心に響くんだね。


あと、ビデオメッセージでの熱弁の口調とは違う感じかな。
叱咤による応援って、そのまま文章に起こしてしまうと乱暴に響いてしまうため、
比較的優しい口調に変換した上で、「こういう風に心がけてみないか」、と
熱い生き方を誘うような文体になっている印象。
活字で叱ると、口で言うより攻撃的になるからね。

本屋で手にとって裏側を見ると、どんなメッセージがあるか
サンプルが何ページか挙げてあるので、
肌に合うようならぜひ、買ってみてはいかがだろうか。
商売の宣伝としてではなく、
購入者のひとりという立場からおすすめできる。

後者は特に、名前の通り読んだ人をほめて励ます、
という趣旨で作られたため、さらに優しめの表現で構成されている。
どちらにしても、今の貴方の生き方を否定することから入るものではないので、
修造さんの動画や公式サイトを好んで見てきたような人なら、
読んで自然と元気が湧いてくるはず。

というわけで、私も今後、この日めくりからエネルギーを貰い、
数学をせめてI・Aレベルまではマスターしたい…
この二行を読んで笑った人もいるかもしれないけど、
世間の社会人って、結構、数学捨てて来ているから…
「正弦定理って何?」って訊かれて、答えられる大人がいかに少ないことか。

決して順調とは言えない人生で、挫折している真っ只中と言っていい今の私でも、
頑張ります、修造さん!

それではまた。
スポンサーサイト
趣味 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示