04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

AIMP v3.60のオプション解説

2015年07月25日
ごきげんよう。

大好評につき、今回はバージョンアップした、
AIMP v3.60のオプション項目を解説していきたいと思います。

セットアップは単純明快。日本語対応で、
邪魔者もついてこないので、ここでつまずくことはないでしょう。

20150725-071107.png



起動した画面はこんな感じ。
あまり大きな変化はないかな?

20150725-071420.png



それでは、早速オプション項目について見ていこう。

20150725-071449.png

・再生
 …再生するオーディオデバイスを選ぶ。
   そしてv3.60ではなんと、ここからDSPの管理画面へ飛べる!
   右下の「DSPの管理」からどうぞ。
  ・変換設定
  …サラウンドや、音割れ防止などの設定。
    デフォルトで最適の状態になっているはずなので、
    ここは格別こだわりたい人だけ。
・プレイヤー
 …再生中に、マウス中ボタンやホットキーでさっと操作できるようになる。
  ・アルバムアート
   …新しく追加された機能。
    「アルバムのジャケット画像を探そうか?」という話。
    音声ファイルのあるフォルダ内に、「*%filename%*」とかって書いてある
    条件に一致するジャケット画像を見つけると、表示してくれる模様。
  ・インターネットラジオ・キャプチャ
   …インターネットラジオを録音する保存フォルダなどの設定。
  ・ホットキー
   …さまざまな操作を、ショートカットキーで行えるように設定する項目。
    好きなように変えていいし、「デフォルト」ボタンで元に戻せる。
 ※v3.55でここにあった「再生中のファイル情報」は、
  「インターフェース」の小項目に移動している。

  ・自動設定
   …再生に関して、AIMPが自動で行動するかどうかを決める項目。
     「プログラム起動時」は、起動した直後に前回の再生が再開するのが
     嫌な人は「何もしない」に。
  ・接続の設定
   …インターネットラジオを聴くにしても、ほぼ変更する必要なし。
・プレイリスト(旧名:「再生リスト」)
 …名前通り、再生リストに関連する設定項目。
   あまり難しい項目はないが、
   「アプリケーション終了時のキューを保持」はONをおすすめする。
  書いてあるからわかると思うけど、「単一プレイリストモード」にチェックを入れると、
  他の再生リストが自動的に全部消えちゃうよ!

  ・ソート用テンプレート
   …変更しない方がいい。
  ・トラックリストのエクスポート
   …変更しない方がいい。あとで面倒なことになるだろうし。
  ・ファイルを追加
   …再生リストに、ファイルが追加された際の挙動。
     MP3ファイルなどをダブルクリックしてAIMPで再生する、
     といった使い方をしている人には、デフォルトのままが便利。

  ・外観
    …再生リスト内のファイルの情報表示を設定する。
     個人的には「評価を表示(旧「レートを表示」)」のチェックを外すことを推奨する。
     「グループ設定」の、パスが書いてある下と、
     「書式設定」はこれまた変数なので、わからない人は触らない方がいい。
・システム
  …Windowsの起動関連や、タスクバーへの表示などを設定する。
    「再生の進捗を表示」にチェックを入れると、例えばWindows7なら、
    曲の進行状況が緑色のゲージで表示される(ゲージが埋まると再生終了)。
    「システムへの統合」は、OSに干渉する項目である。
    「オートラン」にチェックを入れると、各種設定が可能。

 ・トレイ
  …トレイ(Windows右下の小さいアイコン群)に入れるかどうかの設定。
    「アプリケーションの最小化でトレイに移動」でそうなり、さらに
    「トレイに最小化時、トレイ制御を表示」で画面右下に、
    AIMPがちっこく表示される。
    トレイからの操作方法は「マウス制御」で設定しておくといいだろう。
 ・ファイル関連付け
  …(少なくともWindows Vista/7では)「管理者として実行」でAIMPを
    起動してからこの項目に来ないと設定できない。
ダブルクリックした際に
    直接再生するようにするファイルの形式を選択する。
    AIMPは結構軽いので、ダブルクリックから曲を聴く使い方を
    するプレイヤーとしておすすめ。

・プラグイン
  …プラグイン(追加機能)の管理。手に入れた人は整理しておけばよいが、
    大体の人はデフォルトのままでいいだろう。
  ・Last.fm
  …新機能。会員登録,ログインすると、音楽の再生履歴から
    あなたがどんな音楽を好むのかを自動で分析し、
    似たようなジャンルをよく聴く人と、コミュニケーションを図れる
    SNSサービスと連携する機能のようだ。
    私は使っていないので、あまり詳しいことは分からないが、
    音楽のFacebookといった感じか?
  ・アップデートの確認
  …AIMPは自動でアップデートを確認し、あれば通知してくるが、
    それを手動でやりたい人のための項目。
    なお、アップデートを自動で通知しないようにするには、
    「プラグイン」→「Modules」から、「Update Checker」のチェックを外して、
    AIMPを再起動すればよいと思われる。

  ・インフォメーション バー(旧名:インフォメーション)
  …「現在のファイル情報を再生時に表示する」にチェックを入れておくと、
    曲が始まった時にその音声ファイルの情報が、
    画面最上部に表示されるようになる。
    その下の項目でその詳細を設定できる。
  ・オーディオライブラリ
   …オーディオライブラリへの反映について。「統計の処理を有効」を
     ONにすると、こちらがよく再生する曲などのデータを取るようになる。

    「マークが空白だった場合は…」にチェックを入れると、
     レート(五つ星)を表示してくる(私としてはお節介だと思っている)。
  ・視覚効果
  …変えない方がいい。
・インターフェース
  …AIMPの魅力の一つ、スタイリッシュさを
    ユーザーがどこまでカスタマイズするか。
    下手に変えても壊れはしないので、思うようにどうぞ。
  ・スキン
   …プレイヤー全体の外観をとなる「スキン」の選択。
     虹色のスライドバーを動かせば色合いも変更でき、
     これだけでカスタマイズ性の豊富さがぐっと上がるようになっている。
    ただ、WinampやLilithと違って、AIMPには、
    (現時点では)美少女系のスキンはほぼないと思ってほしい。

  ・言語
   …いつからか多彩な言語をサポートするようになったAIMP3。
    これだけあれば大体の言語はカバーできているだろう。
   ・再生中のファイル情報
   …「ホットキー」の下からこちらに移動。
    ファイルを再生している時に、ファイルの情報として表示させる文字列。
     それぞれの項目を“%なんとか”という変数で記述するので若干難解だが、
     入力欄の上にグレーでサンプルが表示される。親切設計。
     なお、いじりすぎて原型を失った時のために、
     編集する前には文字列のコピーをとっておくことをおすすめする。


・プロファイルフォルダを開く
 …クリックすると、AIMPにユーザーが加えた設定を収めた
   ファイル群の位置が表示される。
   フリーソフトの話題では、もはやくどい文言だが悪いことは言わん、
   バックアップは取ろう。

・バージョン情報(旧名:情報)
 …以前は空白のボタンだった。クリックするとスタッフロールが流れる。
   これほど素晴らしいソフトを作ってくれた開発チームだ、
   一度くらいは見て差し上げよう。
   同時にAIMPのバージョンなども表示される。
・Language
 …「インターフェース」の小項目「言語」に飛ぶ。
   おそらく、間違って違う言語を設定して、混乱してしまった人のための機能だろう。

ちなみに、オーディオライブラリにも環境設定があるが、
項目名が同じものは同じ設定内容だ。同様に設定しよう。


…というわけで、巳永の屋敷AIMP記事の、v3.60化対応版をお送りしました。
バージョンアップで変更になっていない点に関しては、
同じ文章を言い直しただけの部分もあるけど、
これで最新版への更新ということにします。

ちなみに、前回の記事を執筆した後、
「こういう記事をブログに載せているけどいいかな」って
AIMP公式にメールを送ると、なんとお礼を頂きました。
「公認とは言わないけど、宣伝してくれたことはありがとう」ってことかな。
ありがとうございます!Спасибо!


それでは、楽しい音楽ライフを。
スポンサーサイト
AIMP | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
カラーバーの設定について
突然、失礼します。
参考になるブログありがとうございます。

一つ質問があります。
これはv3.60に限ったことではないのですが、
スキンのカラーバーの設定(数値)が、
どのファイルに保存されているか分かりますでしょうか?
是非、教えていただきたいのです。
(色を数値で設定したいのです)

自分勝手なお願いですがよろしくお願いします。
Re: カラーバーの設定について
旅人さん、ご訪問およびコメントありがとうございます。
ご質問の件ですが、私にわかります範囲内でしたのでお答えします。

まず、カラーバーの数値が保存されているファイルですが、
C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\AIMP3
フォルダを開いていただき、ここの「AIMP3.ini」に
通常でしたら記録されます。
このファイルは、加えた設定が、
AIMPの終了ごとに記録されるものです。

AIMPを一旦終了したあと、
このファイルをメモ帳か何かで開いていただくと、
11~12行目に、

“Hue=20
 HueIntensivity=100”
という記述があります。ここをいじりましょう。
“Hue=***”は上のカラーバー、
色合いを変える虹色のバーに対応していて、
0を左端,255を右端として、その間の整数で指定します。

そして“HueIntensivity=***”は下の、
こちらは鮮やかさのバーに対応していて、
今度は0を左端,100を右端として指定します。

この2箇所を変更して保存すると、
次回AIMPを起動した時に色が変更されるはずです。

これで、色を数値で設定できるかと思いますのでお試しください。
HTMLタグと違って、#RRGGBBという設定方法ではありませんが、
これはおそらく、AIMP側の仕様でしょうから仕方ありませんね。
ありがとうございます
巳永御永 様
お返事ありがとうございます。

早速、試してみました。
見事に色が変わるではありませんか!

これで数値で色が設定できます。
(マウスでドラッグして設定するのは気持ち悪かったのです)

本当にありがとうございました。
Re: ありがとうございます
旅人さん
お役に立てて何よりです。
今後も当ブログをどうぞよろしくお願いします。

管理者のみに表示
AIMP - Free Audio Player
巳永の屋敷は、開発者の方々に承認を頂いたAIMP応援ブログです!