09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

帰ってきました&今年も梅を堪能

2014年03月24日
ごきげんよう。帰ってきました。
今回は梅の写真を撮りに行った、その紹介を。



IMG_3902.jpg

この日はあいにくの曇り空。
でも、華やかに咲いた姿はそれを気にさせない。
和の心の梅は、なんといってもこの色だね。
また、今は亡き祖父から受け継いだ、日本刀,演歌道。
ポテトを食べながらコーラを飲んでも、
やはり私にはジャパニーズ精神が強くあるのかも。

それと、諸事情あって人の少ない時に行けたので、
写り込むなと頭にくることもあまりなくて済んだ。
いやー、不定休の特権だね。

IMG_3910.jpg

白に薄ピンクの、これも定番といえる梅。
開き過ぎからつぼみまでばらつきがあったが、
全部がまんべんなく満開というよりは、
このほうが味があっていい。

IMG_3913.jpg

鮮やかな紅色で、見る者を圧倒させる。
絵にも描けない、とは正にこのこと。
今日の花の中では、一番インパクトがあったな。

IMG_3963.jpg

小さくて可憐。
個人的に、こういう構図は結構気に入っている。

IMG_3999.jpg

いま盛りの白梅。
散り際も潔く、写真の趣味がある者にはうってつけだ。
形がきれいに整っていて美しい。

IMG_4014.jpg

帰りに、池を泳いでいる鴨を見つける。
空を飛ぶ鳥と違って、逃げられても追いかけて写しやすいので、
鳥も好きな私は何度もシャッターを切っていた。
飛べる種族も、頭の上を渡られない限りは好きなんだけどな。

IMG_4031.jpg

一緒に泳いでいた、飼われている鯉たち。
さすがに人間慣れしているのか、人が来ると物乞い。
あまりに主張が強いので、
「ここで釣りをしたら入れ食いになりそう」と家内。


IMG_4040.jpg

鯉に追いかけられ、逃げる鴨。
本来、水鳥は魚を食べる立場のはずなんだけど、
こいつらでかいし、脚をついばまれて勝ち目なし。
自然界の下克上を見たぜ…。

IMG_4043.jpg

更に離れていたところに咲いていた椿。
散り際にどうなるかを初めて知った時は衝撃だったな。



さて、今回の自然観賞はこれにてお開き。
毎度のことながら終盤は違うものを見ていたが、
二度三度楽しめたのでよしとする。

ブログの更新は今日から再開します。
1週間空いていた本業にも戻るつもりなので、
ペースはゆっくりになるかもしれないけれど。

それではまた。
スポンサーサイト
写真 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示