05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

オンラインストレージを使いこなす

2014年03月06日
ごきげんよう。

インターネットも発達し、
最近ではオンラインストレージなるものも出ている。

オンラインストレージとは、サーバーのディスクスペースを
ユーザーに、無料もしくは有料で貸し出すことで、
ユーザーがインターネット経由でファイルをやりとりできるというものだ。
スマホ用にアプリを作成し、
パソコンとスマホの間でも、データを交換できるようにしているものもある。

20140306-071138.png

その中でも私が使っているのが、DropboxBoxGoogleドライブの3つだ。
上の画像は、Boxを導入すると現れるフォルダ。

そう、これらは、コンピュータのどこかに専用フォルダを作り、
それがサービスのディスク内と一致するように同期され、
別のコンピュータに同じソフトを入れていると、
そちらに変更が反映されるというわけだ。

つまり、2台以上のパソコンやスマホを所持していて、
それらにサービスのソフト,アプリケーションを入れていないと意味がない。
また、パソコン版に限っては、それで共有しているファイルと
全く同じものがパソコン内のどこかに作られるので、
ハードディスクの空き容量の足しにはできないことに注意。



さて、これらの中には、アップロードされたファイルの状況が
アイコンでわかるものもある。以下はBoxの例だ。

20140306-071142.png

専用フォルダにコピー,移動したての状態ではこのように、
矢印が巻いたような、小さな印がフォルダ左下に出る。

次に、オンライン上との同期が完了すると、

20140306-071143-2.png

このようにマークが、チェックに変わる。
これで、他のデバイスからもこのファイルを参照することができる。



ちなみに、こういったストレージの利用規約には、
「当方はユーザーがアップロードしたファイルを保存し、
必要に応じて閲覧することがある」

としているものもあるため、
人に見られては困るファイルは
アップロードしない方が無難だ。

アップロードしたファイルのURLを公開し、第三者に
ダウンロードさせることができる機能も備えているので、
扱い方次第では違法にもなることは、知っておかなければならない。

一方で、Dropboxにはスマホに入れていると、
スマホで撮影した写真やスクリーンショットを、
自動でストレージに入れてくれる機能がある。
これをパソコンと同期させれば、
面倒なケーブルなしで写真を取り込める。




結論として、時間こそ多少かかるものの、
ファイルをいちいちUSBメモリなどに入れて
運ぶ手間を省ける
ので、
ぜひとも有効に活用していきたいところ。

それではまた。
スポンサーサイト
PC関連 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
AIMP - Free Audio Player
巳永の屋敷は、開発者の方々に承認を頂いたAIMP応援ブログです!