09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

某レンタル屋は大層なご身分と思ったが…

2014年02月11日
ごきげんよう。

つい最近、特に海外旅行の予定はないが、
身分証明証として使うためにパスポートを取得した。

これで某レンタル屋のカード更新もパスポートひとつで行けると思ったら、
そのサイトにこんな記述が…

"身分証明として、以下のものがご使用いただけます。
・パスポート+住所確認書類

※住所確認書類の例;
消印のある郵便物など"
(一部省略)


客に身の潔白を証明させるとは、
大層なご身分だな。




…実はこれ、この場合、「パスポート」が「私という人間」の証明、
「住所確認書類」が「私が今の住所に住んでいる」ことの証明になるらしく、
これらが揃わないと、その某レンタル屋はおろか、
私まで害を被ることになりかねないようだ。

例えば、レンタルしたDVDを返し忘れ、延滞金が発生し、
しかも返し忘れていることさえ忘れているというケース。

この時、レンタル屋は貸したDVDを万引きされたとみなしかねない。
また、とある店ではDVD1枚の延滞金が1日につき250円と聞いたので、
もし1ヶ月間返し忘れていたとしたら、1枚でも30日×250円=7500円となる。

1枚=7500円。こんなもの、買ったほうがはるかに安いくらいである。
これを5枚も10枚も借りていたとしたらさらに悲惨で、
もっと早くに電話かハガキで教えろよ、とクレームが来たことがあったらしい。
くどいくらい本人確認が必要なのには、こういう理由がある。
レンタル屋のためだけでなく、利用者のためにも。



…ちなみに、そのレンタル屋に問い合わせたところ、
この「住所確認書類」、その店から送られてくる
"そろそろレンタルカードの期限が近いので、更新しませんか?"という旨の
ハガキでも代わりになるそうなので、
実質私はパスポートのほかに、書類を特別入手しなくてもよいことになるね。



冒頭では少々荒ぶったが、記事にまとめていくうちに納得がいった。
これからもよろしく、某レンタル屋。
スポンサーサイト
思想 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示