09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

中古屋の買取価格は予想の斜め89度下

2013年12月17日
ごきげんよう。

今日、某中古品販売店(リサイクルショップともいう)に行って、
以前同じ店で購入した、不要となったものを買い取ってもらったのだが…

売値の1%で買い取ってくれやがった。

…まあわかるよ、多分その価格だった理由としては;
・買う人を選ぶので、需要が散って売れない
・私が買った時点で破格だったので、価値ランクはすでに下の下
・同じものが2~3個売られていたので、たぶん在庫過多
・古い

ってのがあるんだろうけど、1%ねえ…

自販機のジュース代にすら届かない買取価格のために、身分証明や、
名前やら住所やら誕生日やらの記入なんて、正直馬鹿馬鹿しいとも思った。
いっそ「タダであげますから処分しといてください」とでも言えばよかった。

とはいえ、そのままゴミ箱行きにしてもよかったくらいのものだったので、
そこまで激怒してはいない。少々残念ではあったけれども。

考えてもみれば、どこの馬の骨ともわからない奴の使い古しに、
値段がついて売られること自体が特異なのかもしれない。

ただ、中古屋も、資源の再利用と謳って売買したいのなら、
もう少し値段設定を何とかしてくれないか
、と訴えたい。
やっぱり捨ててもらえばよかったかな。

納得の行かない取引でした。それではまた。
スポンサーサイト
思想 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示