05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

ディスプレイとプリンタだけは壊れませんように…

2013年09月09日
こんばんは、巳永です。
写真を電子機器で閲覧すると、どうしても目が疲れるので
“物”として扱えるように、いま印刷しているのですが…

ディスプレイとプリンタだけは
壊れないで欲しい、切実に。


というのも、まずディスプレイはWUXGA
(以前も言及しましたね。16:10の解像度1920x1200)
のを使っているのですが、
WUXGAはオワコンとでも言いたいかのごとく、
縦に120ピクセルも狭いフルHDが台頭して久しいです。

皆さんが電器屋やパソコン屋に行って、
21インチ以上のディスプレイを探したら9割、
いや、ほぼ10割フルHDでしょう。

同じ大きさのディスプレイ同士で値段を比較してみても、
フルHDスキーでなければ不利な戦いを強いられます。

たとえば通販で、24インチ限定として、
そこそこ手頃な価格のWUXGAフルHDで比較してみますと、



WUXGA(1920x1200)

35912円(2014年9月7日時点)


フルHD(1920x1080)

15380円(2014年9月7日時点)

メーカーを比較するつもりはないので、
同じメーカーの製品で比較してみましたが、いかがでしょうか。

縦に120ピクセル縮むだけで(しかも液晶自体のサイズは一緒)、
フルHDはWUXGAの4割~半額程度で買えてしまうのです。


WUXGAは縦に広々使えて便利なのにな…
映画を見ると上下に黒帯ができるっていうけど、
ディスプレイの前面は黒いものが多いから気にならないのにな…


今後買い換えることになると、選択肢が狭まるどころか、
フルHDの縦の狭さに我慢せざるを得なくなる可能性もあります。



そしてプリンタについて。

印刷コスト削減のために私は互換インクを使っていると言いましたが、
最新のプリンタは互換インクを弾く精度が高まっているという噂アリ。
純正全6色5000円なんてひどいよ…こんなの絶対おかしいよ

買って壊してまた買ってくれたら、メーカーとしては万々歳だっていうけど、
本当に大切に使わないと…
故障して新しい代替機送ってくれたとしても、
いま使っているインクが使えるかわからないし…



フルHDのディスプレイをお店で見て、
縦に狭いなーって思っている方は、
通販などでWUXGAを早めに手に入れておくことをおすすめします。
放っておくとガチで消えます。

プリンタは…最新機種対応の互換インクも出始めたので…
対策しては抜け道作ってのイタチごっこなのかな…

※2014年9月13日追記;
リンク切れを修正しました。
スポンサーサイト
PC関連 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
AIMP - Free Audio Player
巳永の屋敷は、開発者の方々に承認を頂いたAIMP応援ブログです!