09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

Homura Minaga's 232nd anniversary!

2013年07月23日
こんばんは、巳永です。

私は最近、232歳の誕生日を迎えました(


「何言ってんだよ!そんなわけねえじゃん!」
…と思う人も居るかもしれないが、これが私の公称。

ほら、あれだよ。GACKT様の1540年生まれ説や、
デーモン閣下の紀元前98038年生まれ説みたいな。
嘘だと言われるに決まっていると分かってはいるものの、
そういう属性として持っておきたいという思いがあってね。


かといって、もちろん私の戸籍に本当に1781年生まれと書いてあるわけはない。
“世を忍ぶ仮の年齢”がある。そこは閣下だって同じ。



では、なぜ年齢の偽装や、ジョーク化にも近い公表をするのか。
それは、“世を忍ぶ仮の年齢”を教えていい目を見たことがないってことかな。

私の“世を忍ぶ仮の年齢”を知ったほとんどの人は、
その瞬間から、「新入社員が入ってきて部下ができ、
やっと先輩面ができるようになった元下っ端」
と化す。

ネットにリアル事情を持ち込んでんじゃねえよ、バカ。
TSやブログなどでお友達ができたとしても、
せっかく知り合ったのに、いい関係になれるかもしれないのに、
今後一生“目上と目下”の壁に阻まれなきゃならなくなる。



こんなことが3回くらいあったので、
私はもう“世を忍ぶ仮の年齢”は教えないと決意した。

どんなに仲良くなっても、というか仲良くなればなるほど、
年齢差の障壁ができては台無しになってしまうので、
なおさら年齢は教えられなくなる。

ちなみに、ななみんとも牛木さんとも、
お互いの“世を忍ぶ仮の年齢”は知らない。
これからも、たぶんこのままだろう。



なお、公称232歳であるからといって、
「誰よりも年上で偉い」という意識は無い
ということは言っておきたい。

威張り散らすためにこの年齢を公開しているのではなくて、
年上年下関係なく、もっと大きな心でいろいろな人と
仲良くすることはできないのか、という訴え、これに尽きる。

少し前に性別の話をしたときもこんな感じの展開になったね。

年功序列を無くすのは、確かにほぼ不可能に近い。
少なくとも、私がいまここで書いているだけでは。



でも、ネット、たとえばTSみたいなとこで、
年齢を教え合ったあと、
「私は33歳で、君は19歳。私のほうが年上なんだから、
君にも分際をわきまえた口の利き方ってもんがあるんじゃないの」

なんて話をするのはおかしい。

テメーとそいつの年齢を、このネットでつないだ環境で、
お互いに証明し合うことはできるのか
って話なわけ。

仮にパスポートや運転免許証のスキャンを交換しようなんて
術を取ろうものなら、それは論外である。




そりゃね、学校や会社ならしゃーないよ。
教師と生徒,上司と部下、立場の違いを受け入れるのは常識。
ただ、「現実とゲームを割り切れ」なんて口を叩くなら、
年齢を聞き出して年下を探すのは止めろと言いたい。



私のこの、ふつうならありえない公称年齢は、自称性別「中性」と同様、
垣根を越える架け橋みたいなものと考えてくれれば幸い。



少々熱く語りすぎたが、みなさん、
ネットでどうぞ趣向の範囲で楽しく交流して行きましょう。

それではまた。
スポンサーサイト
思想 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示