05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

小さな幸せを見つけて

2013年07月09日
こんばんは、巳永です。
今回は、私の人生観のような話になります。

病中で仕事ができない、遊びも不自由する、
わかってくれない人と絶交した、何もかもが怨めしいと不幸極まりない私ですが、
人生には、それでも楽しいことはあるって、そう思えました。

さまざまなベクトルの幸せと不幸のリズムが今日、一点に調和したのでしょう、
実に14ヶ月ぶりの多幸感を味わいました。



まずなんといっても人とのつながり。リアルの数少ないお友達と、
暑さという共通の環境を共有して励まし合ったり、
私と二人で何度も会って一緒にゲームをしてくれたり。
TSで巡り会えたフレンドにも元気をもらいました。
もう一生会うことないであろう人と、ほんのちょっと話したことさえ、
私の心を温かくしてくれます。

それから満たされていく物欲
無理に遠出してまで探していたものは手に入り、頼んだ荷物も一足早く到着。
形のないものも例外ではありません。



生きていてこんな幸せな日が来るなんて、
夢にも思ったことはありませんでした。




この間まで死ぬ道ばかり考えて、
天国は幸せだろうかとか、地獄に落ちやしないだろうかとか、
自分の人生はもう散っていくものだと思っていました。
私のお葬式で家族が泣いてくれたら、
私は幸せだったってことになるんだろうなって。

でも、それは違います。

生きていることは、確かに苦しいです。
なんでこんなことしなきゃいけねえんだって思うこともあるけれど、
結局はお金がなけりゃ生きていけない世界です。
怒られたり,泣いたり,怨んだり,嫉妬したりします。何度も。

しかし、楽しいことがこの世の中に
全くないわけではありません。


姓名判断で大凶名とされ、大それた夢なんか見るなと言われた私でも
こうやって幸せを感じ、生きていてよかったと思える瞬間があるのです。



自分を不幸だと思うのか、実際に不幸なのか。
この二つは全くの別物です。




どうか皆さん、日々の生活の中に、小さな幸せの果実を見つけてみてください。
またその果実ができるまでには、種のお陰があることも事実です。

じゃあ誰に感謝するのか。友達,家族,同僚,他人,神様,仏様、
誰だって構いません。

感謝の水を撒けば、また幸せの木が育つかも知れませんよ。



お付き合いいただき、ありがとうございました。

今後も私は病気と闘いながら、果実を探してみます。

それではまた。
スポンサーサイト
思想 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
AIMP - Free Audio Player
巳永の屋敷は、開発者の方々に承認を頂いたAIMP応援ブログです!