12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

カメラの写真が消えかけた…

2017年01月30日
ごきげんよう。

今日もいつもの某デジタル画像アルバムソフトに、撮った写真を
取り込んで保存しようとしていたのですが、

なんとエラーが出て取り込みが強制中断。

デジカメの電源も切れてしまい、まずい、写真消えたか?と困惑。

とりあえずカメラをUSB接続して転送し直すのは危険と判断したので、
SDカードリーダー、果てはパソコン本体のSDカードスロットまで試すことに。

カードリーダーではリムーバブルディスクとして認識せず、
パソコンのSDカードスロットでなんとか写真を救出しました。よかった…

…で、問題のSDですが…
写真救出後にカメラにセットすると、
「SDカードがおかしい」とのエラー表示。
カメラでフォーマットして形式合わせても同じエラー。
フォーマットを繰り返し、パソコンではフラッシュメモリとして
ちゃんと認識するのにな、と思っているうちに、
急に正常に認識するようになりましたが、

こんなの怖くて使い続けられない!

だって、そうでしょ?今回は運良く救い出せましたが、
今度いつまたエラーが出て、その時はデータ消滅の
憂き目に遭うかもしれない。

家にある自分のコレクションの写真などなら、
被写体は手元にあり続けるわけですから撮り直せるとしても、
それが人生に何回行くかくらいの海外旅行で、
旅行先で撮った思い出の写真とか、
あるいは可愛い我が子の学校行事の写真とかだったらもう、
絶望しかないですよ。

…なのでこのSDカードは、入れ直せるデータを入れる用途に回して、
カメラ用には信用できる他社のSDカードに乗り換えます。

会社の中傷をするつもりはないので、どことは言いませんが、
「すごく安いけど聞いたことないメーカーだな」、ってのは、
絶対やめたほうがいいです。
評判が悪いことが確かなとこはもちろんのこと、
安い、よくわからないメーカーので「×年保証しますよ~」なんて
パッケージに書かれていたとしても、
信用できたものではありません。
電話つながらない、態度悪い、言いがかりつけてくるなど、
アフターサービスとは言い難いことを平気でする企業もあります。

あと大前提ですが、SDほか記憶媒体の保証は、
“サポート期間内であっても”、
そのものの新品交換や修理はしてくれても、
消えたデータの補償は基本的にしてくれません。
「しますよ」と謳っているところを信じるかはもう皆さん次第ですね。
大事な思い出は消えて、生まれ変わったゴミが来ても
しょうがないんですねえ。

ですから多少高くても、“信頼性を買う”くらいのつもりで
ちょっとばかり奮発したっていいと、私は思います。

まあ、フラッシュメモリには寿命というものも、あるんですがね…

私は運良く予備を持っていたので、しばしそれでしのぎます。

それではまた。
スポンサーサイト
PC関連 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »