01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

写真用紙1枚=DVD-Rメディア1枚!?

2014年02月25日
ごきげんよう。

タイトルの通り、最近驚き、かつ疑問に思ったことなのだが…
まあステマと言わずに、まずは下記のリンクをざっと見ていただきたい。






どちらも1ケース50枚入りで、1050円程度の商品だ。
そう、仮にも写真用に改良され、洗練されたものであるとはいえ、
紙1枚が、映像ほかデータを4.7GBも録画できる
媒体1枚と同じ値段
なのである。

こんな言い方をすると写真用紙のメーカーに失礼かもしれないが、
これではDVD-R側のお得感が際立って見える。
記憶媒体がここまで安価なのだから、紙ならもうちょっと安くできないものかと。

ただ、この値段設定により写真用紙の貴重さが分かって、
大事に印刷しなきゃなとは思うが。



私の、プリンタ用紙に対する価値観が、それを甘く見過ぎなのか?

しかし例えば、USBメモリやSDカードなどの、
容量の倍率と価格の倍率が同じではないことは理解できる。
なぜなら、4GBだろうが8GBだろうが、その容量を搭載して製品化するための、
「USBメモリ」という本体を作るのにかかる費用だけは、
容量に関係なく同じくらいかかるからだ。

それでも、写真用紙と記憶媒体の相場の関係は、私にとってはやっぱり疑問である。
スポンサーサイト
PC関連 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »