04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

父の風邪がかなりマズイ…

2017年05月16日
ごきげんよう。

いまは実家にいるのですが、
父が風邪をこじらせてしまいまして、
ほぼ一日中咳をしています…

うつされたらヤダとかそういうのじゃなく、
ちょっと気の毒なんですね…

で、咳をするとそれだけでカロリーを消費するという話がありましてね、
しんどそうな咳と音を立てまいとする軽い咳では差はあるんですが、
1回につき2kcalくらい消費するらしいんですね。



すぐ計算してしまうのが私の悪い癖なんですが、
まず「人生の3分の1は睡眠」といいますから、
起きているのは残りの3分の2です。

24時間 × 2/3 = 16時間 でございますね。
(厳密には眠りにつけていない間にも咳き込んでいますが…)

次に1分あたり1回、と仮定しましょう。
そんくらい…どころか、それ以上で頻繁でもう心配なんですよ…

16時間 × 60分 = 960分 なので、
960分 ÷ 1分 = 960回(1日あたり)、

咳1発につき2kcalとして

960回 × 2kcal = 1920kcal


えーっと…
そりゃ弱りますよ。

風邪で喉痛めると、喉越しがしんどいので食事が億劫になるんですが、
1日に必要なカロリーとほぼ同量を咳だけのせいで消費しているわけです。

今日はだいぶよくなっていますが、咳の頻度ごとに、
3分に1回 → 1食分
2分に1回 → 2食分
1分に1回 → 3食分(1日分)
のカロリーを咳で消費しているんですね。



なにもドヤ顔をするためにこんな計算をしたわけではありません。
風邪も侮れないのですよ。

ましてや、咳がうるさくて眠れない、なんてことを、
風邪を引いている人に言うのは非情です。
本人からしたら、風邪に悩まされるうえ、
風邪のせいでさせられている咳に対してまで
文句を言われるわけですから、とんだ災難です。

皆さんの周りにも、風邪で咳がひどい方がいらっしゃったら、
しんどいのですが、いつもよりも積極的に食べてもらって、
元気を取り戻してもらえるようにしてあげてください。

皆さんも体調にお気をつけて。
それではまた。
スポンサーサイト
その他日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

超がつく不眠に陥り…

2017年02月25日
ごきげんよう。

えー 最近の生活はもう滅茶苦茶です…
自分から言うと自慢臭いですが、近況報告としてあえて。

まず眠れないんですね。
夜起き続けて、朝の3時や5時に眠くなればいい方で、
一晩中一睡もせずに(できずに)次の日が来ることもザラです。

しかし48時間72時間108時間と眠らないままだと死んでしまいますから、
次の夜に永眠したかのように深い深い眠りがきます。
するとその次の夜は昨夜寝たばかり、となってまた眠れない。

ど不眠→ど過眠→ど不眠→ど過眠→ど不眠→…と繰り返されて、
日付曜日の感覚もなくなりますね。

よく、「眠れなくてもベッドに入ってじっとしとけ」とか、
「横になっておとなしくしておけばそのうち眠れる」なんて
言われますけど、ああいうのはちゃんと眠れている人の“上から”です。
眠くもない時にベッドで横になって、どうせ眠れない時間を
何にもせずに過ごしても、イライラが溜まるだけなんですよ。

いずれは規則正しい生活が必要ですが、
最初期は「眠くなったら寝る、起きていたい時は起きる」という
睡眠生活を、医者にも勧められるのではないでしょうか。



あと、不眠症には眠れないのがツライタイプと、辛くないタイプがあるようです。

前者は眠れないのに寝なきゃいけない、この一種の衝動に駆られて
毎晩ストレスを溜めながら寝て、昼には体に鞭打って働きます。
このタイプは、睡眠が必要なのに眠れない現状、
そしてそれに対するイライラで、
職種によっては究極の究極に過労死が待っていますから、
後者よりかなり怖い不眠です。

一方、後者は「ずーっと眠らなくても平気」とすら感じるタイプです。
私はこっちのようです。
バリバリ働きます、疲れません、夜通しでさらに何かに励みます。
しかしさすがに前述の通り、本当にずーっと起き続けると死にます。
そのため数十時間起き続けた結果、「んー、さすがにちょっと疲れたような」と
やっと気づき、ようやくベッドに入ります。
そもそもどうせ眠れなくてもいいと思っているので、
寝ること自体は全く苦痛じゃないんですね。

ここからさらに「結局ほとんど眠らないでまたすぐ起きるタイプ」と、
「やはり睡眠は必要なので、今まで眠れなかった分一気に、のタイプ」に
分岐します。ここで前者の人は、私にとってはちょっと怖いですね。

まあ職業柄にもよるんでしょう。ある時テレビで見たのが、
魚介類のセリ業者の社長なんですが、1日1時間半しか眠らなくても
平気で、毎日元気に過ごされているそうです。

こういうケースは、ちょっと特殊ですけどね。
不眠症でも何でもないでしょう。

…と、経験則の話ですが、不眠についてちょっとばかし。
とはいえ私は医学的な助言とかできる分際ではないので、
「不眠気味かも?」と思った方は
医療機関で相談されてみることをオススメします。
むしろ私も相談するべき立場ですし。



…昨夜も17時間寝たし、今夜も眠れる気はしないな…

それではまた。
その他日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

私は基本、動物にはなつかれないが…

2016年12月12日
ごきげんよう。

私は、動物にはなつかれないタイプなのですが…
最近一度だけありましたね。

歩道の途中にあるバス停で、街へ出るためにバスを待っていたところ、
私の太腿までくらいの体高を持つ、真っ白な大~中型犬を連れた、
50~70歳くらいの男性がすれ違いました。

すると、連れられていたその白い犬が立ち止まり、
まっしぐらに私の前に近づいてきて、
私の顔を見上げたままおすわりをしたのです。

男性は「へへ…」と苦笑いするしかなく、
私はあまりにそういった経験がなくて、嬉しくて、
「(犬は私に)興味があるんですね」と言いながら、
無意識にその犬の頭を撫でていました。

犬は特に嫌がる様子もなく、むしろ私に擦り寄って来ましたが、
男性は「ほれ、いくぞ」とばかりにリードを軽く引き、
留まりたがる犬を散歩の続きに戻らせました。

しかし未練がましかったのか、100mくらい離れたところで
その犬は再び立ち止まり、こちらをじっと見つめていたのです。
飼い主は「もう、いいだろ」と、再びリードを引き、
犬の集中を私から引き剥がす。



こんなに犬になつかれたことは、
いい年こいた私の今までの半生でもほとんどなく、
何気ないことなのかもしれませんが、非常に嬉しかったですね。
たいていは吠えられるか、睨みつけられるかです。



犬はちゃんと育てれば、可愛くて忠実な家族の一員になると聞きます。
私の今の環境ではちょっと飼えませんが、
いつかは飼って、一緒に遊んであげるのが夢ですね。

ちなみに私は、専ら中~大型犬が好きですね。

祖母の家で昔、柴犬が飼われていました。
晩年は視力と聴力を完全に失いながらも、
19歳~21歳くらいまでと、相当長生きしたほうです…

やはり犬はかわいい。癒やされますね。

それではまた。
その他日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

勉強どころじゃなくなり…

2016年05月28日
ごきげんよう。

更新する時間が取れなくてすみません。
前回投稿した頃以降、体調が急にすぐれなくなり、
リア友とのLINEすらお休みをもらっている状態でした。

現在も、完全によくなってはいません。
じっと座っていることもできず、そわそわと落ち着きません。
遊びも勉強も、まるで手につきません。

失踪説,死亡説が唱えられないよう、
時々は何かを書きにきますが、
面白いことが書けるかはわかりません。

それでもいつかは復帰できると信じて、
たまには、近況を報告に来ます。

それでは。
その他日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

生まれて初めて親知らずを抜歯

2016年04月15日
ごきげんよう。
昨日は、生まれて初めての体験をしてきた。
とは言っても、人生で4回経験するかどうかくらいのことだが。

親知らずの抜歯だ。
私の場合は生えてくるのが遅かった。
こんな歳になるまで7番までしか歯がなかった。

昨日の昼のこと。バウムクーヘンを食べていて気づいたが、
左上奥の歯の形がおかしい。
左手前側のコーナーが欠けている感じだ。

これは大至急だと思って、歯科に電話する。
予約を入れている人が優先なので待ってもらうことになるがいいかと
訊かれたが、明日は定休日なので、構いませんと応える。

前回からたった3ヶ月しか空かずに来院。私の歯も弱いものだ。
入った途端に感じたのは、あの独特のツンとした臭い。
ホルマリン(ホルムアルデヒド水溶液)とクレゾールが混ざった臭いらしい。

思いの外待ち時間は短く、席に通される。
先生は私の歯を一通り見た後、2箇所(表側と裏側)に麻酔をする。
しばらく待たされ、戻って来られた後少し削ってみて一言、
奥だから歯ブラシが届いていないんだよねえ。
親知らずだし、抜いたほうが良いと思うよ


すると先生、ペンチのような工具を持ってくる。
グイグイとやってみるが抜けず、その間私は
「痛いの?痛くないの?」とヒヤヒヤしていた。
麻酔しているんだから痛くないはずだが…
どうにも抜けないので、今度は白色LEDが眩しく光るでかいペンチが登場する。
電動ということだろうが、ようやく歯が抜けた。
血塗られていて、臓器を引きぬいたような感覚だった。
痛みは全くない。あのペンチ、触ったところがしばらくしびれるように
できているのか、口の左半分ほぼ全部しびれて、しばらくちゃんと喋れなかった。

ガーゼを噛まされ、「受付で薬渡すからね」。
薬の説明を受け、2日後に消毒の予約を入れておしまい。
(抜いた歯以外の)虫歯はなかったということ…か?

家に帰ったら、抜いた跡を汚さないように、これを厳守せねばならなかった。
特には言われなかったが、ミルクティー、アイスコーヒーなどの糖分がある
飲み物は自粛、食べかすが入りそうな食べ物、ほとんど全部だね、
これも控えることにした。
4本の親知らずをすべて抜き、そのために歯茎を切開することになった弟ほど
ひどくはないのだが、ゼリー,プリン,杏仁豆腐などの、
ゲル状の食べ物による生活が少しの間続きそうだ。

渡された薬は殺菌用の内服薬,うがい薬,そして痛み止め。
痛み止めは痛くなかったら飲まなくてもいいらしい。

うがい薬を使うと、吐き出した水に高濃度に混ざる血。
強引に歯を抜き取ったのだから仕方ないかもしれない。

二日後。抜歯跡を消毒に来て欲しいというので行く。
今度は予約していたので、即座に席に通される。
(抜いたところが)激しく痛いとか、そういうのなかった?
言われてみて気づいたのだが、抜歯したところが痛い、というのが
一昨日抜かれて以来一度もなかった。
よくよく考えて見れば、この頃頭痛がひどく、
毎日のように頭痛薬を飲む羽目になっているのだが、
この薬の効用の中に頭痛の他に、歯痛があるのだという。
この薬が助けてくれたのかもしれないね。

それで、消毒というのでどんな大施術かと思ったが、
先生は、“からい”薬の染みこんだ綿をちょちょいと跡に塗りつけ、
傷口もきれいだし、これであとは(抜いた跡が)
治るのを待つだけだからね
」。

今回はこれで終わり、あれだけだったので
会計も、子どもの小遣いで払える額だった。

そういえば、先生は反対側の歯(右上)もしっかりチェックされていた。
こちらにも親知らずがあるので、
同じように抜かなくていいかご覧になったのだろう。
私はこれが抜かれることにならないように摂生をしなければなるまい。

幸い、「ここも虫歯だから治しとくよ」はなかった。
日本人はこれがイヤだから歯科がキライなのである。

だが、半年以内に1回は歯科に行く私だから言いたい、
虫歯は予防第一、早期治療第二
これに尽きる。
銀歯に人工の歯に差し歯入れ歯と、私の家系は運悪く歯が弱い。
歯科とも、長い付き合いになるだろうな。
拒めば自分の歯がなくなるだけ。

それでは皆さんも、今一度ご自分の歯のチェックを。
それではまた。
その他日常 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »
AIMP - Free Audio Player
巳永の屋敷は、開発者の方々に承認を頂いたAIMP応援ブログです!