05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

密林で購入したら海外発送だった

2017年06月06日
ごきげんよう。

突然ですが、密林っていろんな方が出品されてますよね。

私もいつものように、コレクション関係のものを発注したんですが

なんかレビューにもちらほらあったんですが海外発送でしてね

AIR MAILとはっきり書かれたプチプチの袋が届きました。

どことは言いませんがアジアの国です。

「すごーい海外からの荷物だ」と、勝手に国際交流でもしたかのような、

気分に浸っていたんですね。


ところがいつものように凡ミスをやらかします。

1回で済ませればいいのに、ちょっとずつ継ぎ足し必要になったせいで、

3回に分けて注文しちゃったんですね。

要するに(商品代に含まれているとは言え)高い金出さして、

海外から3回も送らせちゃったわけです。


「これ向こうは利益出るの?」と思ってよく見ると、

送り状に内容品の重量と送料が書いてありまして

(私や送り主さんの個人情報なのと、送り状を

ウェブで公開していいものかわからないので

写真は見せられないんですが…)

1500円払った2回めの今回分について、

商品何kgを送るのに6ドル数十セント(米ドル)の

送料がかかったとありました。

日本円で710円くらいであることを考えると、

日本国内間で送ってもこれより高いことあるよな…?

と、ちょっと意外な結果でした。


一応半分強くらいは向こうの売上になっているようですが、

密林には問い合わせとして「お礼」が書けるので、

英語で「3回注文しました。でもこれって、

3回も送らせたってことですよね。お手数おかけしました。

素敵な商品で満足しております」

と送ったら、

「とんでもない。商品を気に入ってくれてありがとう。

またよろしくお願いします」

と、日本人と思われる担当者名とともに日本語で返ってきました。

日本の企業が、仲介しているのかな?うーん…


それにしても、航空便には詳しくないのですが、

何kgで何ドルって書いてあったってことは、

もし1回で済ませていても送ってもらう物の重量は

どのみち一緒なので、

例えば1kg 2ドルなら、3kgだと6ドルという風に、

重量と送料が純比例していた可能性はありますけどね。


…まあ、私が思い悩むことじゃないんでしょうけども。

密林のお礼問い合わせの返事メールで、

「1回で済ませろや!!」って怒られたわけでもないし…。


「また利用してね」って言われたんだから、

また必要になったら利用させて頂く、それでええやん。


商品自体はすごく良品だったので、3件目の到着を待ちます。

…少々、数を買いすぎた感はあるけれども。

それではまた。
スポンサーサイト
その他日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

テレビでちょっと目に留まった方がいましてぇ

2017年05月27日
ごきげんよう。

最近テレビに出ている方でちょっと目に留まった方がいましてぇ

夏井いつき さん

っていらっしゃいますよね

名前でピンとこなかった方はググってもらうと「ああ、あの人ね」と
なると思うんですが、(肖像権の問題からここに写真は貼れないんですよね…)

某番組で芸能人の俳句をバッサバッサとぶった切る、
というので一気に知名度上がった印象ありますね

でも私はあの人は尊敬できるな~と思うんですね

言いたい放題じゃないか、として嫌っている人もいるんですが

率直にものを言う人じゃないですか
その某番組にしてもどうすればよくなるかちゃんと教えます
変に媚びたようなところが一切ないのも好感です

私、よくいるウジウジウジウジした陰湿な日本人大嫌いなんですよ
表では仲良さそうにしているくせに、
裏でコソコソ悪口言う、ああいうの一番ダメですね

一方あの方は面と向かってちゃんとおっしゃります、
「こんなこと言って嫌われたらいやだから…」みたいな、
打算的なところもありません。

別に私の俳句を見てほしいとか、そういうのじゃないんですけど
私は彼女の人柄きらいじゃないけどなー、って、

家族とテレビ見ながら思うこの頃です。

それではまた。
その他日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

父の風邪がかなりマズイ…

2017年05月16日
ごきげんよう。

いまは実家にいるのですが、
父が風邪をこじらせてしまいまして、
ほぼ一日中咳をしています…

うつされたらヤダとかそういうのじゃなく、
ちょっと気の毒なんですね…

で、咳をするとそれだけでカロリーを消費するという話がありましてね、
しんどそうな咳と音を立てまいとする軽い咳では差はあるんですが、
1回につき2kcalくらい消費するらしいんですね。



すぐ計算してしまうのが私の悪い癖なんですが、
まず「人生の3分の1は睡眠」といいますから、
起きているのは残りの3分の2です。

24時間 × 2/3 = 16時間 でございますね。
(厳密には眠りにつけていない間にも咳き込んでいますが…)

次に1分あたり1回、と仮定しましょう。
そんくらい…どころか、それ以上で頻繁でもう心配なんですよ…

16時間 × 60分 = 960分 なので、
960分 ÷ 1分 = 960回(1日あたり)、

咳1発につき2kcalとして

960回 × 2kcal = 1920kcal


えーっと…
そりゃ弱りますよ。

風邪で喉痛めると、喉越しがしんどいので食事が億劫になるんですが、
1日に必要なカロリーとほぼ同量を咳だけのせいで消費しているわけです。

今日はだいぶよくなっていますが、咳の頻度ごとに、
3分に1回 → 1食分
2分に1回 → 2食分
1分に1回 → 3食分(1日分)
のカロリーを咳で消費しているんですね。



なにもドヤ顔をするためにこんな計算をしたわけではありません。
風邪も侮れないのですよ。

ましてや、咳がうるさくて眠れない、なんてことを、
風邪を引いている人に言うのは非情です。
本人からしたら、風邪に悩まされるうえ、
風邪のせいでさせられている咳に対してまで
文句を言われるわけですから、とんだ災難です。

皆さんの周りにも、風邪で咳がひどい方がいらっしゃったら、
しんどいのですが、いつもよりも積極的に食べてもらって、
元気を取り戻してもらえるようにしてあげてください。

皆さんも体調にお気をつけて。
それではまた。
その他日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

超がつく不眠に陥り…

2017年02月25日
ごきげんよう。

えー 最近の生活はもう滅茶苦茶です…
自分から言うと自慢臭いですが、近況報告としてあえて。

まず眠れないんですね。
夜起き続けて、朝の3時や5時に眠くなればいい方で、
一晩中一睡もせずに(できずに)次の日が来ることもザラです。

しかし48時間72時間108時間と眠らないままだと死んでしまいますから、
次の夜に永眠したかのように深い深い眠りがきます。
するとその次の夜は昨夜寝たばかり、となってまた眠れない。

ど不眠→ど過眠→ど不眠→ど過眠→ど不眠→…と繰り返されて、
日付曜日の感覚もなくなりますね。

よく、「眠れなくてもベッドに入ってじっとしとけ」とか、
「横になっておとなしくしておけばそのうち眠れる」なんて
言われますけど、ああいうのはちゃんと眠れている人の“上から”です。
眠くもない時にベッドで横になって、どうせ眠れない時間を
何にもせずに過ごしても、イライラが溜まるだけなんですよ。

いずれは規則正しい生活が必要ですが、
最初期は「眠くなったら寝る、起きていたい時は起きる」という
睡眠生活を、医者にも勧められるのではないでしょうか。



あと、不眠症には眠れないのがツライタイプと、辛くないタイプがあるようです。

前者は眠れないのに寝なきゃいけない、この一種の衝動に駆られて
毎晩ストレスを溜めながら寝て、昼には体に鞭打って働きます。
このタイプは、睡眠が必要なのに眠れない現状、
そしてそれに対するイライラで、
職種によっては究極の究極に過労死が待っていますから、
後者よりかなり怖い不眠です。

一方、後者は「ずーっと眠らなくても平気」とすら感じるタイプです。
私はこっちのようです。
バリバリ働きます、疲れません、夜通しでさらに何かに励みます。
しかしさすがに前述の通り、本当にずーっと起き続けると死にます。
そのため数十時間起き続けた結果、「んー、さすがにちょっと疲れたような」と
やっと気づき、ようやくベッドに入ります。
そもそもどうせ眠れなくてもいいと思っているので、
寝ること自体は全く苦痛じゃないんですね。

ここからさらに「結局ほとんど眠らないでまたすぐ起きるタイプ」と、
「やはり睡眠は必要なので、今まで眠れなかった分一気に、のタイプ」に
分岐します。ここで前者の人は、私にとってはちょっと怖いですね。

まあ職業柄にもよるんでしょう。ある時テレビで見たのが、
魚介類のセリ業者の社長なんですが、1日1時間半しか眠らなくても
平気で、毎日元気に過ごされているそうです。

こういうケースは、ちょっと特殊ですけどね。
不眠症でも何でもないでしょう。

…と、経験則の話ですが、不眠についてちょっとばかし。
とはいえ私は医学的な助言とかできる分際ではないので、
「不眠気味かも?」と思った方は
医療機関で相談されてみることをオススメします。
むしろ私も相談するべき立場ですし。



…昨夜も17時間寝たし、今夜も眠れる気はしないな…

それではまた。
その他日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

私は基本、動物にはなつかれないが…

2016年12月12日
ごきげんよう。

私は、動物にはなつかれないタイプなのですが…
最近一度だけありましたね。

歩道の途中にあるバス停で、街へ出るためにバスを待っていたところ、
私の太腿までくらいの体高を持つ、真っ白な大~中型犬を連れた、
50~70歳くらいの男性がすれ違いました。

すると、連れられていたその白い犬が立ち止まり、
まっしぐらに私の前に近づいてきて、
私の顔を見上げたままおすわりをしたのです。

男性は「へへ…」と苦笑いするしかなく、
私はあまりにそういった経験がなくて、嬉しくて、
「(犬は私に)興味があるんですね」と言いながら、
無意識にその犬の頭を撫でていました。

犬は特に嫌がる様子もなく、むしろ私に擦り寄って来ましたが、
男性は「ほれ、いくぞ」とばかりにリードを軽く引き、
留まりたがる犬を散歩の続きに戻らせました。

しかし未練がましかったのか、100mくらい離れたところで
その犬は再び立ち止まり、こちらをじっと見つめていたのです。
飼い主は「もう、いいだろ」と、再びリードを引き、
犬の集中を私から引き剥がす。



こんなに犬になつかれたことは、
いい年こいた私の今までの半生でもほとんどなく、
何気ないことなのかもしれませんが、非常に嬉しかったですね。
たいていは吠えられるか、睨みつけられるかです。



犬はちゃんと育てれば、可愛くて忠実な家族の一員になると聞きます。
私の今の環境ではちょっと飼えませんが、
いつかは飼って、一緒に遊んであげるのが夢ですね。

ちなみに私は、専ら中~大型犬が好きですね。

祖母の家で昔、柴犬が飼われていました。
晩年は視力と聴力を完全に失いながらも、
19歳~21歳くらいまでと、相当長生きしたほうです…

やはり犬はかわいい。癒やされますね。

それではまた。
その他日常 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »
AIMP - Free Audio Player
巳永の屋敷は、開発者の方々に承認を頂いたAIMP応援ブログです!