07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

きのこ観察会2014秋

2014年10月29日
ごきげんよう。

今日は、きのこの趣味を持つ同志として仲良くさせてもらっている、
林浩三氏主催の「きのこ観察会」に参加してきた。

DSCF1768.jpg

晴天にも恵まれ、前回と同様、ママさんグループの多い面々となった。

冒頭で林氏は簡単な説明のあと、私をちらっと見て、
こちらが巳永さん。きのこに関して詳しいのですよ
と一言。

紹介してもらったのは嬉しいが、反面ちょっと恐縮だった。
私にはきのこの写真など、興味は人一倍あるものの、
種を鑑別できるほどの知識はまだない。



待ちきれないお子様たちに引っ張られるように、会は始まった。
前回に引き続き、私はなんとなく氏について歩いていたが、
ほどなく山を登るか、丘を散策するかの分かれ道に着く。

ママ疲れたってなると思って丘ルートを提案しようとしたが、
子どもたちはどんどん山を登り始めた。
大人より、子どものほうがパワフルなんだね。



だが、登ってばかりでもいけない。きのこを見つけなければ。
ある程度のところで「そろそろ降りて探そう」という話になり、
気が付くと私は一行の最後尾を歩いていた。

携帯をトランシーバー代わりにして氏と連絡をとり、メンバーが離れないようにする。
偶然にもアメリカ陸軍少将の階級章と似たようなバッジを着けていた私、
少将は師団長に相当する役割を担うそうだが、
そんな感じで今日の私は、林氏の補佐として副長のような立ち回りをしていた。

あまり詳しいわけでもなかったのだが、質問を受けたこともあった。
分かる範囲で答える、それしかできなかったけれど。
一部のママさんからは、一日を通して「若先生」,
あるいは林氏と同等に「先生」と呼ばれていた。
なんだかちょっぴり嬉しい。
扱いの割に力になりきれなかったところもあるが、明るく喋りながら散策できた。
楽しかったし、充実していた。



収穫の方は、凶作とは言わないまでも、ちょっと偏っていた。
お子様が暇そうだったので、遊具で遊んでもらって、
その間に大人が鑑別を手伝った。

DSCF1771.jpg

豊作なようにも見えるが、次の写真、

DSCF1773.jpg

このアップで写っている、中央の褐色とそのやや右上の赤いきのこ群、
毒のあるなし以前に辛すぎて不味いものだ。

上の写真と比べると、こいつらの占める割合で今日の取れ高がわかる。
何が言いたいかって、おいしく食べられるきのこが少ないのである。

DSCF1778.jpg

ただまあ、きのこの世界は食べることが全てではない。
この写真のは、美味しそうに見えて実は「カキシメジ」という毒キノコなのだが、
人が寄り添っているようで可愛らしいではないか。
こういう、自然に触れて心で通じ合うことも、楽しみの一つといえよう。



DSCF1776.jpg

きのこの解説や、それに関する質問などへの回答ののち、
お開きとなった。私は最後まで残り、氏の支援を続けた。
私の尽力もあって、彼にはとても感謝された。
私も楽しかったし、お互い良い結果が出せたといえよう。



今回お世話になったみなさん、本日はありがとうございました。
また今度、イベントの際にはお会いしましょう。
…私も、役割が身分不相応にならないよう、きのこの勉強をしなきゃな。

それではまた。
スポンサーサイト
写真 | コメント(0) | トラックバック(0)

たまには気分転換!

2014年10月01日
ごきげんよう。

つい最近、早計して無用な落ち込みをしてしまい、
加えて不眠ぎみなのでストレス溜まっているんだよね…

というわけで、久々に山登りしました。
近所の公園で。

minagayashiki1613.jpg


ザラザラした砂に足を滑らせながら、
ない体力でなんとか登っていく。
蚊の集団に襲撃され、8箇所ほど刺された。10匹は退治した。

やがて頂上へ。

minagayashiki1615.jpg

胸のすくような景色…!

家内に連れられて登ったんだけど、
本当はきのこを探したかったのに無かったんだけど、
来てよかったとは思えた。

やっぱり、たまには運動もしないとね。
中旬には、またきのこの観察会が控えているので、
その時はまた記事にします。

それではまた。
写真 | コメント(0) | トラックバック(0)

きのこ観察会’14夏

2014年07月09日
ごきげんよう。
今日は、猛烈な台風がやってくる前として
とても不安定な天気だったが、
林浩三氏主催のきのこ観察会に参加してきた。

集合場所に着くと、幼稚園生くらいの年齢の子どもを連れたママさん層が
ほとんどであることに気づく。
そのうち一人の婦人が集めて説明を始めたので聞いていたが、
林氏が私のところへ来て一言、「巳永さんは別です」。
というのも、彼女はその関係の人が属するグループ側の人間であった。

今回はほとんどがその面々で、
子ども15人前後,その親御さん8人前後揃ったが、
主催者たる氏とのつきあいが長い人がほとんどいなかったのである。
私もいい年こいてるし、そうなると自然と参謀格の立場が回ってくる。

小雨も少し止み、散策開始。
イベントが行われた場所には1週間前に下見に来ていたので、
だいたいどこに生えているのか、ある程度は把握していた。
ほとんどが子連れのため、あまり生えていないところを延々歩いても
ママつかれた」となりかねない。
それほど探さなくてもそれなりに見つかるルートに限定してみてはと助言。

「あったー」「先生、見つけた」とはしゃぐこどもたち。よかった。
乱獲は翌年以降の激減を招きかねないので1種類につき数本ずつ。
しかし、こどもはどうしても「取りたい取りたい」となる。
私も幼少期はなった。



ある程度進むと、ここで運良く、目立った鮮やかなきのこを発見。

DSCF1139.jpg

たちまち人が取り囲む。注目の的となり今にも取られそう。
足が写り込んでいるのはそのせい…

このアングルではわかりづらいので、別の日に撮った同種の写真を。

DSCF0948.jpg

根本に白い“つぼ”(きのこの下を包む受け皿のようなもの)
が見えるだろうか。
これと鮮やかな傘が特徴的なキタマゴタケである。

その後も収穫は途絶えることなく、誰一人として飽きないまま
休憩所に集合し、鑑別作業に入る。

DSCF1140.jpg

きのこを識別して、紙にその名前を記入していく林氏(左下)。
私にはまだ鑑定できるほどの力はないが、
誰にでもできることから手伝わせてもらった。
きのこ図鑑持ってくりゃよかった

大方の判別が終わったところで、氏からきのこに関するお話。
大人はなるほどなるほどと聞いているが、
識別していた時からだが幼い子どもはやっぱり退屈。

走り回ったり大声あげたりだけど叱れないよ。

解説が終わると、大雨が降り始める。
それじゃあこれくらいでとなり、一行は解散。
私も林氏に挨拶を交わし、参加者のうち最後にお別れ。
やっぱ第二の父だわ。
その恩は秤では計れない。



今回の取れ高はかなり良好だったといえよう。
前回が凶作だったぶん、今日の満足度は高い。
賑やかでよかったし、楽しめた。

林さん、ご一緒した皆さん、今日はありがとうございました。
またいつか、機会がありましたらよろしくお願いします。

それではまた。
写真 | コメント(0) | トラックバック(0)

一番近いバードウォッチング

2014年05月27日
ごきげんよう。

前回、私の住まいが鳥の巣と化していることは話した。
早朝からハトがうるさいので、おちおち遅起きもできないと。

だが視点を変えれば、一歩外に出るだけで
バードウォッチングができる
のである。



この頃、せっかく新しいカメラを買ったので、鳥の鳴き声がしたら
外をのぞいてみることにしている。すると、なんと!



いい写真が撮れた。

DSCF0646.jpg

外に居たのはツバメだった。
さすがに両隣の部屋に巣を作っているだけのことはある、
その出現頻度も高い。



そしてベストショットがこれ。

DSCF0648.jpg

望遠の賜物、警戒心の高い野生の鳥でもここまで接近して撮影できた。
やはり小鳥は可愛い。
ちょっと物音を立てると逃げてしまうが、
こうして私たちの前に現れてはさまざまな表情を見せる。

人のいるところに住み着くので、人はフンで汚い,鳴き声がうるさいと
いやがるが、鳥にとっては近くの山に巣を作るより安全だと、
いくらか人間を信頼しているのではないだろうか。

もし敵視していて、自分たちを食い殺すかも知れず、
あんな奴らと一緒に居たくないと思っているとしたら、
そんな連中がうろついている本拠地に、
わざわざ住んで子たちを養う場所を置こうとはしないはずだ。

…朝早くに鳴くのも、許そうかな。
これからも、君たちの写真を撮らせてね。



さて、当方の調べでは、
最近来客者の4人に1人以上はAIMP関連の記事を
見に来てくれているみたい。

以前、AIMPの開発チームとコンタクトを取ったところ、
かなり好意的なお返事を頂いた
また、開発は今後も続けるとのことだったので、
私もある程度アップデートされたら、その時は記事にしようかな。

それではまた。
写真 | コメント(0) | トラックバック(0)

カメラを買い替えてみた

2014年05月08日
皆さんお久しぶり。巳永です。
いや~更新しないといけないよな~とは思っていても、
もともとTSでの日常を綴っていくブログだったので、
TS終わっちゃった以上、何書いていいか分からなくなったんだよね…
一緒にバッサリやめるべきか、ジャンルを変えて続けるべきか。

でも見てくれている人いるわけだし、
どっちかというと続けたいけどね。



さて、最近新しくカメラを買いました。
富士フィルム、FinepixのS8600。

FinePix S8600 [ブラック]
価格:20400円(税込、送料込)




本当は一眼レフにしようかと思ったけど、
いろいろ難しそうなのでこっちに。

きっかけはズームが目当てで、鳥が可愛くて好きだったので、
逃げない程度に近づいても大きく撮れるカメラをと思ってチョイス。
前はもろに初心者向けのコンデジだったので、
標準画質4倍・低画質15倍→標準画質36倍
と大きくステップアップ。

鳥の名前には詳しくないけど、ある程度満足できる拡大率で
写真を撮れるのは嬉しい。



そういえばカメラ関連のサイトに、
カバンの中や、湿度の高い部屋などにカメラを放置すると、
レンズにカビが生えて修理するハメになる
から、
みなさんもぜひとも気をつけていただきたい”
とあったので、
私が普段いる部屋に湿度計を設置して、測定してみるとビックリ。

5月上旬で、72%!?
おいおい、これじゃあ6月7月には絶対80~90%行くだろ…

北部屋だってのはあるけど、あまりにもひどい。
換気してみて、ダメだったら除湿機使います。
他に湿度を下げる、いい方法知っている人がいたらぜひ教えてちょ。



あとは、“レンズにホコリや皮脂がついたら、
極力すぐにメガネ拭きやブロワーで綺麗にしておけ
”ともあったな。
とにかく、メンテナンスをサボると痛い目見るってのは分かった。

写真愛好家として、これからいろんな写真を撮っていきたいな。
特に沖縄のエメラルドグリーン。あれは死ぬまでにはもう一度。

それではまた。
今後もなんとか、話題見つけていかないとな…
写真 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »