07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

買ったばかりの新品タブレットPCが充電、起動できなくても、諦めないで!

2017年06月26日
ごきげんよう。
まぁたタブレット買っちゃったわけですよ。性懲りもなく。

説明書をちゃんと見て操作しないと、
痛い目にあってもいけないので、
今回はそれに従うことにしました。



まず、「最初に、電源を入れる前に充電してくれ。
満充電になるまでACアダプタは抜かないでね」とあったので、
その通りに。

最初の表示では60%~70%充電されているようでもあったので、
「ふーん…」と思いつつもしばらく充電。

ところがしばらくすると、
なぜか電池が急激に減って切れそう!?との表示に。

おいおいACアダプタ、てめーは充電してくれていたんじゃなかったのか、
それともまた充電し直すのか…と思っていたんですが、

そろそろ終わったかなと思って見たら電源が入らないんですね。

最初のタブレットでもこんなことがあったので、
ポンコツよこしやがって!! っとキレかけまして。

私もサポートに怒鳴り散らすほどクズじゃないですが、
夜も遅いし明日電話しよう…と思って初日は寝ました。

翌日、問い合わせたら、
「今日はすみませんが休業日で…
また後日かけてください」
との自動応答メッセージで、
どんだけついてねえんだと思ったのですが、

「ついでだから“本当に今でも壊れたままかどうか”確認しよう」
と思いまして。

ケーブルとACアダプタが別のパーツに分かれているのですが、
ケーブルをモバイルバッテリーのものにして、ダメ元で挿し直したら、
なんとすんなり認識しました。

充電も見張っていましたがちゃんとしましてね。
満充電までいったので起動して普通に設定したら、
普通に動作しますし、数日経った今でも不具合なく動作しています。



「えー、昨日このケーブルで、モバイルバッテリーで充電しようとしたら
全く反応しなかったじゃん…」とも思ったのですが、

ここから重要です。
特に発売(製造)から時間が経っている
機器の充電式バッテリーは、
叩き起こされた寝起きの人の機嫌が悪いように、
直ちには立ち上がらない可能性がある
んですね。
今までずっと充電も放電もされずに眠り続けてきたところを、
急に充電されて寝耳に水ですよ。

よく見ると説明書にも、
「空充電の状態から初めて充電した場合、
立ち上がるまでに時間がかかる可能性があります」みたいな
記述があったわけですよ。

「最初の表示では60%………切れそう!?との表示に。」
の部分での挙動が、その
“バッテリーの寝起きゆえの不自然な挙動”
ということだったのではないかと推測しています。



というわけで、結論です。
1. 最初の充電は製品に付属のACアダプタでしましょう
2. 充電できなくてもすぐに諦めず、数十分、数時間、
  翌日にでも再度チャレンジ、です
3. 発売から日にちが経ったタブレットの購入時には、
  新品であっても特に2. の事態になる可能性が高い、と
  留意しましょう




はい、昨日はちょっとキレかけましたけどね、
こういうもんなんだ、果報は寝て待てばちゃんと来るんだって
思いましたね。

それではまた。
スポンサーサイト
モバイル関連 | コメント(0) | トラックバック(0)

AndroidでSDカードがうまく認識しない時は

2016年11月26日
ごきげんよう。

少し前、ちょっとしたトラブルで困っていました。
Androidのスマホが、一旦microSDカードを外してパソコンと通信した後、
スマホに挿し直すと認識しないんですねえ。

「設定」の「SDカードのマウント解除」は行ってから外しているし、
5~8回くらい挿し直すとかろうじて反応する時もありますが、
常にこんなでは困ります。

そこで某携帯ショップに相談に行ったのですが、
事情を説明し、店員に再現して見せようとした途端、
一発で認識しやがる。店員にも「ちゃんと読み込めているので、
こちらとしてはどうしようもない。
こちらでは本当に壊れているスマホの受付と契約専門なので、
○○の××(別館の同社携帯ショップ)の方がその点は詳しい」と
たらい回しにされイラッ。
ただまあ、気持ちは分からんでもないんですが。

その“転送先”で同じ質問をすると、
「SDカードスロットの摩耗か、SDカードの故障ですかねえ。
あとは、本体の電源を切ってから抜き差ししています?」と言われ、
「そういうことか…!」となりました。
マウント解除は行っても、電源ONで外していました…

確かに挿し直して反応しないときもあるんですが、
その時でも“再起動すると必ず認識された状態で起動される”
というのも気にはなっていたんですねえ。

「スマホのSDカードというのは、電源を切ってから付け外しするのが
基本となりますんでぇ」と言われ、しばらく談笑し店を出る。
今度からはちゃんとそのようにします…
どうせパソコンとやり取りする頻度もそんなに多くないですし。

あとはSDカード側に問題があるケースとして考えられるのは、
もう少し前にまたこれも携帯ショップで聞いた話ですが、
パソコンでリムーバブルディスクとしてフォーマットしたり、
接続した時に「このディスクには問題があるかもしれない。
スキャンして修復するか?」と訊かれた時に、させてしまうと、
カードが“パソコンのもの”になってしまうため、
スマホには理解できなくなり、読み書きできなくなることが
あるのだそう。



というわけでまとめ。スマホのSDカードは、
・電源を切ってから外し、挿し直してからスマホの電源を入れる!
・パソコンでのフォーマットや修復など、
 パソコンの都合に合わせさせるような形式変換はしない!
・以上2点でダメなら、別のカードも試す。
 それでもダメなら、端子がそもそも壊れているかも…?
 (ここで初めて修理相談も考慮する)

同じ症状で困っている方は、ぜひお試しを。

それではまた。
モバイル関連 | コメント(0) | トラックバック(0)

メアドを作る時に思うこと

2016年09月28日
ごきげんよう。

今時ウェブサイトやオンラインゲームなどを利用する際、
メールアドレスを登録させられるという場面は往々にしてあるだろう。

スマホやパソコンのネット契約で入手した、本式のメールアドレスでは
少し抵抗があるため、フリーメールを作るという方も多いハズ。



そんなわけでメールアドレスを作るわけだけれども、
できればメアドには使わないほうがいい文字がある。
辞書引いたら出て来る英単語を使う、などであればよいのだが、
特に、文字の羅列でメアドを作る人には、メモに筆記してメアド交換する際、
別の文字と間違われやすく気をつけていただきたい文字がある
ので、
いかにそれを挙げる。

b(ビー)と6(ロク)

l(エル)と1(イチ)

o(オー)と0(ゼロ)

q(キュー)と9(キュウ)

_(アンダー)と-(ハイフン)




それくらい知ってるよ、と思うかもしれないが、
赤外線やQRでの交換がうまくいかないことがあって苦労するのよ…
他にもnn(エヌエヌ)もしくは
rn(アールエヌ)とm(エム)や、
vv(ブイブイ)とw(ダブリュー)
なんかも、
丁寧に書かないと結構紛らわしい。

せっかくメアド交換してくれる人にあんまり文句言うもんじゃないからね、
こっちのメアドをわかりやすくしようねって話。
ただ今回の話題は、辞書に載っている言葉でメアド作る人のセンスに
ケチつけようってわけではないのよね。

とはいえ、スマホでは今やQRひとつで、名前から電話番号,メアドまで
一挙に教えられるから、羅列メアドの人が自分のアドレス見ながら、
チマチマメモに書く手間も昔よりはだいぶなくなってきている。

豆知識程度の話だが、皆さんのお役に立てば。

それではまた。
モバイル関連 | コメント(0) | トラックバック(0)

祖母(86)、スマホデビューをする

2016年01月25日
ごきげんよう。
今日はちょっとした日常の話を。

この正月、なんとうちの祖母(86)が、ついにスマホデビューをした。
…高齢者同士の同好会で、スマホやタブレットを
使いこなそうという趣旨の団体をテレビで見て、
「スマホのメーカーは若者に受ける機能ばかりで改良するな、
儂ら年寄りのことも配慮した設計にせえ」と言っていたのを聞いたことがあるが、
祖母はスマホデビューをする人の年齢としては、
おそらく世界でも最高齢クラスということになっただろうな…


まあ、でも高齢者のことを考えたんだなと思う機能はあるよ。
例えば私のスマホでも、祖母のと同じでAndroidだけど、
「設定」→「ディスプレイ」→「フォントサイズ」と進めば、
小,中,大,特大,最大の5段階(小さい方からこの順,標準は「中」)から
文字の大きさを選べる。
老眼の人向けの機能だな。
ガラケー時代にもあった、高齢者向けケータイみたいにすることができる。

それで、去年の大晦日、叔父が私と父と弟と祖母を家に呼んで、
年末年始パーティーをしようということになった。
その時、叔父が「(祖母)の携帯が調子悪いんだってな。
うちが××に加入しているから、今の携帯電話料金より安くなるのに
スマホに買い換えることができるぞ」という話を持ちかけたわけよ。

それで、元日になってから「(ケータイの店に)見に行くだけでも行かへん?」
って話になったんだけど、
その帰りには、一式の入った袋を
しっかり提げて帰ることになったのであった。




腕試しの結果、文字の入力どころか、アプリの起動や終了すら
ままならなかったので、そこで始まったのが大講習会。
基礎の基礎から私と叔父が教えることになった。
そこで知ったんだけど、それ用のスイッチを入れた状態で
スマホに話しかけると、声を認識して検索してくれるのね。
私は元々独り言も言わない性格なので、
なんとなく噂は聞いていたけど全く興味なかった。

あと、LINEの使い方って、今や携帯会社出版の
自社製スマホの取説にも載るような時代になったんだね。
会員登録するだけで、アドレス帳に載っている人の一部が
自動で友達追加されるので、いままでメールしてきた相手に
いちいちゼロからLINE交換をする手間が省けて便利。
でもあれ、電話番号から登録しているって聞くけど、
メアドしか知らない奴や全然知らない赤の他人も追加されるのは何故?

祖母もそんなわけでLINEを始めたんだけど、
スマホカバーを買いに某電器屋を見ている時に、
親戚がLINE友達ができた嬉しさのあまり、
花の写真を祖母に30連投してきて、笑い話になった。

その後もしばらくは機能使いこなせているかあやしかったんだけど、
21日に、質問のため叔父に携帯会社の店に連れて行ってもらったり、
昨日私のところに電話がかかってきたので教えてあげたりして、
Google検索,電話の発信着信,メール,LINEの文字入力と写真送信
くらいまではなんとか習得した様子。


LINEスタンプの存在はお金も絡んできて厄介なので黙っとく。
あれは母に教えるのすら苦労したからな…

私の教え方が気に入ったのか、「また分からないことあったら訊くから教えてね」
と言われたので、また電話かかってくるかもしれんな…
とはいえ、前述の習得したこと以上のことには、
あまり手を付けるつもりもないらしいので、
せいぜい「忘れたからもう1回教えて」、くらいだとは思うが。



さて、私は今日から独学に関するひとつの節目に入る。
2年目、つまり、2年生ってことだ。
得意・苦手が極端な成績はあまりよろしくないので、
得意科目の強化苦手科目の克服資格試験の対策
この3つを主軸として、今年は取り組んでいこうと思う。

それではまた。
モバイル関連 | コメント(0) | トラックバック(0)

モバイルバッテリー、安物には注意!

2014年12月14日
ごきげんよう。

最近エステスの記事ばっかりだったので、
たまには別の話を。



さて、スマートフォンが一世を風靡し、
ノートパソコンとの中間としてタブレットも浸透してきたこの頃。
端末のメーカーはこれでも必死で頑張っているのだが、
やっぱりすぐ電池が切れるということもあるはずだ。

「出先で電池が切れたので、メールを返せなかった」
「途中でバッテリーがなくなったので、プレゼンできませんでした」

気心の知れた友達とならまだしも、職場などでは言い訳にならないよね。

こういう時に便利なのが、「モバイルバッテリー」。
コンセントのないところでバッテリーが切れても、
この中に預けておいた電気を引き出して助け舟を出せる優れものだ。

でも、いざ電気屋に買いに行ってみると、
種類が多すぎてめまいがして、どれにすればいいのか分からない。
とりあえず適当に買ってみたけど、後でもっといいのにしとけばよかった。
…なんてことはないだろうか。

今日は、高みを目指して気がついたら
4個目を購入していた私が、
ここで今までの試行錯誤を簡単にまとめさせていただく。



まず、これらはどう充電すればいいのか。
「使いきって満タンまで充電しろ」「50%前後を行ったり来たりさせろ」など、
食い違ういろいろなことを言われていて混乱しそうだが、
特にモバイルバッテリーによく使われている「リチウム電池」に関しては、
空の状態や満充電で放置されることに弱いという特徴がある。

なぜそうなのかという、メカニズムの話はここではしないが、
例えば充電器につないで充電させたまま、終わっても外さずに
繋ぎっぱなしにしていると、充電と放電を微細に繰り返してすぐに弱る。

また、残量がない状態で放置していると、
次に充電した時に充電できない、容量が減ったなどトラブルの元になる。


某電機メーカーはこれを知っているので、満タンまでは充電できず、
残量が9割ほどまで上昇したら、充電を自動で止める機能をつけている。

少し大変かもしれないが、20%くらいまで使っては、
80~90%で充電をとめて、としていれば、かなり長持ちするようだ。



さて、次に自分の端末が、どれくらい容量を持っているかを知ろう。
充電池が持つ電気の量はmAh(ミリアンペアアワー)という単位で表され、
メーカーの仕様の欄や、一部ユーザーが調べあげたデータとして
公表されている場合がある。

というのも、端末の数やそれらが持つ容量が多くなるほど、
その分大容量のものを考えなければならない。

さらに、コンセントからバッテリーに充電、そこから端末へという過程で、
どうしても電圧の変換などでロストが生じるため、
多めに見積もっておいたほうがいい。
私の感覚になるが、おおよそ、
スマホだけなら5000mAh,タブレットもあるなら10000mAh程度あると安心だ。



必要となる容量がわかったところで、いよいよ商品選びだが、
あまりにも安すぎるものは粗悪品の可能性もあるため、
すぐに飛びつくのは考えものである。

例えば、弱い電池を寄せ集めて作ったものや、接続不良、
何回か使っていたらすぐダメになったなどの話も聞く。

あと、電源に直接繋ぐものなので、過熱による出火や
爆発などの危険性もあり、それを得体の知れない
不良品に預けるのは恐ろしい。


少々高くても、ある程度名前の知れた国産や米国産の
ものにしておいたほうが無難である。



ちなみに、「いつが買い時」というのは、今のところない。
安く高性能になる一方なので、いつ買ってもあまり損はしない。
下手に安さを求めすぎて、質の悪いものをつかむ方が
最終的には損である。

10000mAh以上になるとUSBの充電では限界があるため、
専用のACアダプタも必要になってくる。



ところでACアダプタについて、私がつまずいたこととして、
出力が2AのACアダプタは、入力が1Aの端末に使えるのか?
という疑問があった。
同じように思っている人のために書いておくと、
端末の入力が1Aなら、そこで端末に入る電流にリミッターがかかるので、
電気が流れすぎて壊れる、ということはない。
その代わり、充電にかかる時間は出力1Aに接続した時と同じである。

逆に出力1Aに入力2A(タブレットなど)をつなぐと、
いくら入力が2Aを求めていても、1Aしか出力してくれないので、
出力2Aに繋いだ場合と比べて、充電時間が(計算上)半分になったり、
電流が充電できる領域に足りなくて充電できなかったりする。

高出力のアダプタは、こういった高い入力のタブレットや
バッテリーなどのために存在するものなので、
少しでもそういう機器と関わる予定があるのなら、
2Aや2.1AのACアダプタを、1つは持っておくと安心である。
また同時に、1A程度しか出力できないバッテリーは、
この理由で一部のタブレットの充電に使えない場合があるので、
買う時には要注意。




長くなったが、まとめると、
・容量や端末の数に応じて、買うバッテリーには
 大きいものを選ばなければならない
・無名ブランドの粗悪品に注意
・タブレットやiPadに使うなら、出力2A以上は前提で、
 できればACアダプタも付いた大容量のものを


といった感じか。

以上、少しでも皆さんのお役に立てたら幸いである。

それではまた。
モバイル関連 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »