10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

ご無沙汰しております

2017年10月26日
ごきげんよう。そしてお久しぶりです。

しばらく更新が途絶えましたが、単にネタがないだけでなく、
少し気が滅入っており、それどころでなかったというのが
大きくあったように思えます…

人って考えすぎることが、
やはり自分を苦しめる要因のひとつとなるようです。
私も最近はいろいろと気分転換を図って、
気楽にいられるよう心がけます。

でも調子を取り戻したり崩したりね、
ずーっと繰り返していたら友達もなくすわけですよ。
怠けてばっかりいるじゃねえかというように言われて。
そうすると時々こう思うんですね、
このままいつか調子崩しすぎて死ぬんじゃないかと。

でもくよくよ生きていたってしょうがないです。
それに同情して、体調を悪くしている元凶(“調子の悪さ”)が
「可哀想なので消えてあげます」って
どっか行ってなんかくれるものですか。

実際にどんな効果があるか、こういう見方を
私はいつも癖にしています。
例えば、喫茶店で店員の不注意を指摘するのに、
店中のお客さんがびっくりするくらい大声で怒鳴り散らす人がいます。

大声で怒鳴り散らすことで良い効果があればそりゃあいいですよ。
でも実際は逆です。
その人が店員さんに嫌われるのはもちろん、
店中が殺伐としたいやーな空気になり、
コーヒーを飲んで話していた人たちも、なんだかマズくなっちゃって、
その人の悪口を言い始めます。
仕事をしていた人も苛立つでしょう。
いいことなんて一つもありません。
ちょっと怒りを抑えて普段通りの口調にしなかったがために、
こんなにも悪いことが生まれます。

このように、私の行動のほうにも何か非はないかは
気をつけるようにしています。

そういうわけで、体調が良くなったり悪くなったり波がある、
それでもなんとか更新を続ける私をわかってほしい、
今の私の願いです。



…また、ポジティブに何か、書きにきます。

それでは。
スポンサーサイト
その他日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

新しいのが苦手な人は旧バージョンに下げろとか言いましたが、

2017年09月30日
ごきげんよう。

あのですねえ

以前、AIMP4系に関するこの記事で、
「AIMP4で生まれ変わったインターフェイスがしっくりこない人は、
旧バージョンにダウングレードしたらいい」なんて書きましたが、

もっと簡単に以前のインターフェイスに戻せる方法見つけたので
報告します。


1. プレイヤー本体の上の方を右クリックします
20170930-153001.png


2. 「スキン」にカーソルを合わせ、Pandemic.acs4をクリックします
20170930-153004.png


3. AIMP3までのインターフェイス+メディアライブラリに
  戻りました(完了)

20170930-153003.png


う~ん…さすがに見落としていました。
当然、右クリック→「スキン」→「(デフォルト)」と選び直せば、
AIMP4のインターフェイスに戻ります。スキンの切り替えということですね。

まあ…実際のところは問題なく動くのであれば悪くないのですが、
インターフェイスが気に入らなかったらバージョンを下げてみたら、と
書いてしまったのは早合点でした。
お詫びして訂正いたします。


それではまた。
AIMP | コメント(0) | トラックバック(0)

「この言語、ここが難しい」

2017年09月23日
ごきげんよう。

これまで、もういろんな言語の教本に触れてきましてね、
個別に踏み込んだこと訊かれるとまだ困るレベルですが、せっかくなので
言語の、おおよそどこが難しいか
という壁を、完全に主観で少しまとめておきます。

みなさまの第二外国語選びの参考になれば幸いです。

それではどうぞ。



United-Arab-Emirates.png アラビア語

…英語話者にとって、最も難しい言語4選として、
  日本語、中国語、朝鮮語に並んで挙げられることもある最難関言語です。
  日本人にとっても習得にはかなり根気が要ります。
  まず、モチベーションがそれほどない人だと文字を書く練習で投げます。
  記号類を除くと基本的な文字は30個ほどしかありませんが、
 筆記体のように繋げて書くため(しかも右から左へ)、語のどこに出るかで
 微妙に形が変わったりします。

 文法も活用が豊富で、話し手と聞き手がそれぞれ男性か女性かも常に意識して、
 語を適切に変形させていく必要があります。



Russia.png ロシア語

…日本人にとってはかなり難しいとされます。
  まずラテン文字っぽいようで意外とそうでもないキリル文字、
  これに慣れるのが最初の関門です。
  その次は格変化、もうこれにつきますよ。
 日本語では、いわゆる「助詞」で単語をつなげて文を作ります。
  一方ロシア語では、単語の語尾を変形させることでその代わりにするのですが、
 この変化パターンの複雑さ、それを解説したら本が1冊は書けるといいます。
 勉強したい人は、初見で格変化総まとめの表なんかは
 いきなりググらないほうがいいかもしれません。
 ちょっとずつ、積み重ねて覚えていくしかないのです。



China.png 中国語

…漢字を使う国同士、と思っても意外と用法が違ったり、
  その漢字も微妙に形が違うことがあって大変。
  私の感想としては、単語を覚えるのがなかなか苦戦します。
  表記(日本じゃ使わない漢字だっていくらでも出てきます)、
  意味(単語なんですから当然意味は覚えましょう)、
  ピンイン(漢字の読み方を表すローマ字です)、
  四声(単語ごとに決められたイントネーションのようなもので、
  これを間違えると通じません)、これら4つセットで覚えて初めて
  1語です。文法がそこまで難しくないのが、少し助かります…



…まとめ、と言った割には3つしか挙げられませんでしたが、
実際に学習してみての感想として、胸を張って言えるレベルではあります。
とはいえ、私も集中しないと虻蜂取らずなんで、続き(別の言語の感想)は
ないかもしれません。
(例えば20言語くらいをぜーんぶ超ニワカとかなっちゃうとあまりすごくないし…)


というわけで以上、実際に言語の扉を開けてみての体験談でした。

繰り返しますが、「この文を○○語に訳して」とか、
そういった質問にはお答えしませんのであしからず。


それではまた。
学習記 | コメント(0) | トラックバック(0)

一応FGOやってます

2017年09月11日
ごきげんよう。

とある友人に、型月の世界を知りたいと言ったら、
FGOやったらいいと言われたので始めました。

…ところが私はきゃら厨で、
始めてからマアマア経つけど、
サーヴァント強くすることばかり考えすぎて、
未だに本体40レベくらいです…
例えばポ○モンやったらいろいろ育てすぎて、
なかなかジムバッジが集まらないタイプのやつです。

その誘ってくれた友人はとても優しい人で、
私をフレンドから蹴るようなことはしないんですが、
私もこないだアルトリア引いて、
ようやく本腰を入れようって思いましたね。
(アルトリア引くのが当初の最終目的だったんですが…)

…最近、クラス相性がいかに大事か思い知りました。
やっぱりまた色んなクラス育てようってなりそうだな…

それではまた。
その他日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

“嫌われること”に恐怖する時

2017年08月23日
ごきげんよう。

今回はまあまあ長いのですが…
人間関係における“嫌われる恐怖”について、
ちょっと真剣に考えてみました。

それでは始めます。

人間って、人に嫌われたいと思う人はまずいませんよね。

しかしながら、あんなことして悪く思われたんじゃないか、

なんて思うことは、人によって程度の差はあれど、あると思います。

私にみたいに杞憂だとよくなります、そしてそのことで頭がいっぱいで

もう気が気じゃなくなるんですね。

ここでちょっと視点を変えてみた時に、

最初はあの人にはこう思われている、この人にはこうって、

人のことばかり気にしていたはずが、

人の機嫌を取ろうと頑張りすぎるあまり、

いつの間にか自分で自分を縛り付けてしまっているのです。

よく思われたい、好きでいてほしいという思いが重荷になります。

そのくせ、大抵は結局嫌われてなんかいなかった、

というオチになるもんですからただの取り越し苦労です。

これではやはり、しんどいです。

それから、その人がすきだから、すきでいてほしいから、

些細な言動にも神経を尖らせていたとしても、

信じきれていないってことですよね、その人を。

私の事嫌いなんじゃないかって、疑っている心があるわけですからね。

好きでいたい、好かれていたいと思える人のことすら

信じられないような人に、いったいどんな人を信じられるのですか。

人に好かれることは難しいかもしれませんが、

嫌われることも、ちょっとやそっとじゃ現実のものとはなりません。

ギスギスした夫婦や恋人同士にありがちなんですが、

自分から離れてほしくないから、その一心で

相手の言動をいちいちとチェックする人がいます。

これじゃあハッキリ言ってストーカーです。

そんな関係には砂粒ほどの愛もありません。

自分を嫌っていないかと疑う心で常にいっぱいなわけですからね。

プライベートでの仲くらい、

あなたの愛をまっすぐ受け止めてくれる人と関わりましょうよ。

人のちょっとした不手際を、まるで悪意からできたものだ、

なんて無礼なやつだと怒ってすぐ喧嘩の元にする人がいますけど、

そんな人と関わったって何になるんですか。

気に掛かる人がいた時、良好な関係を維持したい相手がいた時、

その人のことを心から信じてみるのです。

真心で接した相手が一向に振り向いてくれないなんてことがあったら、

真心が足りないか、もうその相手とはどうにもならないかです。

…私はこれまで、いろいろな人と関わってきました。

最高クラスの大親友から、クソッタレ地獄に落ちろにまで成り果てた

大悪友もいっぱいいました。

今思えば彼らとはやはり、信頼、真心、誠意がお互いに

足りていなかったのではないか、というような気がします。

「信ジ頼ル」と書く信頼の字、

うまくいくかいかないのか分からない相手については、

まずは心から信じてみませんか。



それではまた。
思想 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »