08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

「この言語、ここが難しい」

2017年09月23日
ごきげんよう。

これまで、もういろんな言語の教本に触れてきましてね、
個別に踏み込んだこと訊かれるとまだ困るレベルですが、せっかくなので
言語の、おおよそどこが難しいか
という壁を、完全に主観で少しまとめておきます。

みなさまの第二外国語選びの参考になれば幸いです。

それではどうぞ。



United-Arab-Emirates.png アラビア語

…英語話者にとって、最も難しい言語4選として、
  日本語、中国語、朝鮮語に並んで挙げられることもある最難関言語です。
  日本人にとっても習得にはかなり根気が要ります。
  まず、モチベーションがそれほどない人だと文字を書く練習で投げます。
  記号類を除くと基本的な文字は30個ほどしかありませんが、
 筆記体のように繋げて書くため(しかも右から左へ)、語のどこに出るかで
 微妙に形が変わったりします。

 文法も活用が豊富で、話し手と聞き手がそれぞれ男性か女性かも常に意識して、
 語を適切に変形させていく必要があります。



Russia.png ロシア語

…日本人にとってはかなり難しいとされます。
  まずラテン文字っぽいようで意外とそうでもないキリル文字、
  これに慣れるのが最初の関門です。
  その次は格変化、もうこれにつきますよ。
 日本語では、いわゆる「助詞」で単語をつなげて文を作ります。
  一方ロシア語では、単語の語尾を変形させることでその代わりにするのですが、
 この変化パターンの複雑さ、それを解説したら本が1冊は書けるといいます。
 勉強したい人は、初見で格変化総まとめの表なんかは
 いきなりググらないほうがいいかもしれません。
 ちょっとずつ、積み重ねて覚えていくしかないのです。



China.png 中国語

…漢字を使う国同士、と思っても意外と用法が違ったり、
  その漢字も微妙に形が違うことがあって大変。
  私の感想としては、単語を覚えるのがなかなか苦戦します。
  表記(日本じゃ使わない漢字だっていくらでも出てきます)、
  意味(単語なんですから当然意味は覚えましょう)、
  ピンイン(漢字の読み方を表すローマ字です)、
  四声(単語ごとに決められたイントネーションのようなもので、
  これを間違えると通じません)、これら4つセットで覚えて初めて
  1語です。文法がそこまで難しくないのが、少し助かります…



…まとめ、と言った割には3つしか挙げられませんでしたが、
実際に学習してみての感想として、胸を張って言えるレベルではあります。
とはいえ、私も集中しないと虻蜂取らずなんで、続き(別の言語の感想)は
ないかもしれません。
(例えば20言語くらいをぜーんぶ超ニワカとかなっちゃうとあまりすごくないし…)


というわけで以上、実際に言語の扉を開けてみての体験談でした。

繰り返しますが、「この文を○○語に訳して」とか、
そういった質問にはお答えしませんのであしからず。


それではまた。
スポンサーサイト
学習記 | コメント(0) | トラックバック(0)

一応FGOやってます

2017年09月11日
ごきげんよう。

とある友人に、型月の世界を知りたいと言ったら、
FGOやったらいいと言われたので始めました。

…ところが私はきゃら厨で、
始めてからマアマア経つけど、
サーヴァント強くすることばかり考えすぎて、
未だに本体40レベくらいです…
例えばポ○モンやったらいろいろ育てすぎて、
なかなかジムバッジが集まらないタイプのやつです。

その誘ってくれた友人はとても優しい人で、
私をフレンドから蹴るようなことはしないんですが、
私もこないだアルトリア引いて、
ようやく本腰を入れようって思いましたね。
(アルトリア引くのが当初の最終目的だったんですが…)

…最近、クラス相性がいかに大事か思い知りました。
やっぱりまた色んなクラス育てようってなりそうだな…

それではまた。
その他日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

“嫌われること”に恐怖する時

2017年08月23日
ごきげんよう。

今回はまあまあ長いのですが…
人間関係における“嫌われる恐怖”について、
ちょっと真剣に考えてみました。

それでは始めます。

人間って、人に嫌われたいと思う人はまずいませんよね。

しかしながら、あんなことして悪く思われたんじゃないか、

なんて思うことは、人によって程度の差はあれど、あると思います。

私にみたいに杞憂だとよくなります、そしてそのことで頭がいっぱいで

もう気が気じゃなくなるんですね。

ここでちょっと視点を変えてみた時に、

最初はあの人にはこう思われている、この人にはこうって、

人のことばかり気にしていたはずが、

人の機嫌を取ろうと頑張りすぎるあまり、

いつの間にか自分で自分を縛り付けてしまっているのです。

よく思われたい、好きでいてほしいという思いが重荷になります。

そのくせ、大抵は結局嫌われてなんかいなかった、

というオチになるもんですからただの取り越し苦労です。

これではやはり、しんどいです。

それから、その人がすきだから、すきでいてほしいから、

些細な言動にも神経を尖らせていたとしても、

信じきれていないってことですよね、その人を。

私の事嫌いなんじゃないかって、疑っている心があるわけですからね。

好きでいたい、好かれていたいと思える人のことすら

信じられないような人に、いったいどんな人を信じられるのですか。

人に好かれることは難しいかもしれませんが、

嫌われることも、ちょっとやそっとじゃ現実のものとはなりません。

ギスギスした夫婦や恋人同士にありがちなんですが、

自分から離れてほしくないから、その一心で

相手の言動をいちいちとチェックする人がいます。

これじゃあハッキリ言ってストーカーです。

そんな関係には砂粒ほどの愛もありません。

自分を嫌っていないかと疑う心で常にいっぱいなわけですからね。

プライベートでの仲くらい、

あなたの愛をまっすぐ受け止めてくれる人と関わりましょうよ。

人のちょっとした不手際を、まるで悪意からできたものだ、

なんて無礼なやつだと怒ってすぐ喧嘩の元にする人がいますけど、

そんな人と関わったって何になるんですか。

気に掛かる人がいた時、良好な関係を維持したい相手がいた時、

その人のことを心から信じてみるのです。

真心で接した相手が一向に振り向いてくれないなんてことがあったら、

真心が足りないか、もうその相手とはどうにもならないかです。

…私はこれまで、いろいろな人と関わってきました。

最高クラスの大親友から、クソッタレ地獄に落ちろにまで成り果てた

大悪友もいっぱいいました。

今思えば彼らとはやはり、信頼、真心、誠意がお互いに

足りていなかったのではないか、というような気がします。

「信ジ頼ル」と書く信頼の字、

うまくいくかいかないのか分からない相手については、

まずは心から信じてみませんか。



それではまた。
思想 | コメント(0) | トラックバック(0)

やっぱり、「数学も分からないなんて…」はイヤだった

2017年08月03日
ごきげんよう。

“やるのかやらないのかはっきりしろよ”

…って感じなんですけどね、結局また数学に対する情熱が
湧き上がってまいりました。

きっかけはいろいろあったんですが…

中学生の頃の卒業アルバムを見ていると、それを探すついでに
当時の通信簿が出てきましてね。

国語と英語の先生からは、「スーパーエリート」と仰って頂いて、
自慢臭いですが小項目オールAの総合で最高評価を頂いていました。

それが高校になるとまあ悲惨でして。



…それからアニメやゲームなどで、いわゆる「おバカ」なきゃらが
学園モノで出てきた時、彼女/彼が苦手とする科目って、
だいたいは数学なんですね。
で、天才キャラが得意とする科目もまた数学です。

「天才は計算処理能力が高い」という、一種の固定観念みたいなものが
あるような気がしまして。



これをとある人(目上)に相談して、「私、数学と仲直りしたいです!」って、
言ったことがあったんですね。

すると、「数学なんか勉強したって、社会じゃ何の役にも立たないよ」
とバッサリ言われてしまいました。

その時はそれに落胆し、「確かにそうだ、言われてみれば
私を劣等生に陥れたクソ科目!」と怒りさえ覚え、
数学を余計に嫌いになったことを覚えています。

でもですよ、社会のためになるとかならないとか言いますけど、
人間は道具じゃないんですからね。
「社会のためになることだけをして生きなきゃいけない」、
となってしまうと惨めなもんですよ。

 小説読む趣味があっても、本は売れるけど
その作品の中身が分かって何か役に立つの?
 ガーデニングの趣味があっても、自分の家の花や木は喜ぶけど、
その庭の外に利益が及ぶの?
 ゲームやって上達しても、そのテクニックが
実生活で役に立つことはあるの?

…とかそんな感じにですね、趣味や、好きでやっていることにまで
意味、意味ってそればっかり考え始めたら、とてもむなしいことです。
究極として人生に無価値感を覚えるようにまでなっては一大事です。

「無意味を楽しむ」ということも、やはり大事だと思うんですね。
もちろん本業が疎かになってはいけませんけれども、
「意味こそすべて、結果こそすべて」となりがちな本業の傍らですることくらい、
やりたいことやったっていいじゃないですか。



皆さんがもし、娯楽のためにやってみようと思いつかれたものの、
「こんなことして何になるんだろう」と思われたことがあったら、
今回の話に通じる部分もあるのではないでしょうか。

ここまで当たり前のことかもしれませんけれど、

「時々いいことしていたら、
たまには好きに遊ばせてくれたっていい」、
これくらいは許してくれる人生でなければ、私はイヤです。



…ちょっと堅い話になってしまいましたが、
趣味から能力の可能性を発見することもある、私はそう信じています。

それではまた。
学習記 | コメント(0) | トラックバック(0)

また夏がやってきた

2017年07月19日
ごきげんよう。

暑いですね。最近日本の夏は本当に暑い。

私の日常はと言いますと、
自然観察のイベントで、主催者の方にかなり信頼を頂いてまして
私は参加者なんですがほぼ補佐?くらいの大役を頂いてます

…なんですが、それでその方面に全然知識なかったら、
他の人にしてみたら、あんた一体何者なわけ?なんですね

これでは化けの皮が剥がれ…なかったらいいねーくらいの状態が
ずっと続いているだけなんで、正直まずくて

なのでその辺の教養をですね、今度こそ本気でつけようって
実用性というと言い方悪いですが、役に立たないことはないというわけなんで

ただここで高校生物!と言ってしまうと
細胞やら器官やらといった、中の中の話ばっかりで
正直有用性あるのかなと思いますが
選り好みはナシかなと…


う~ん

夏休みの宿題みたいですね、懐かしい

あの頃は今みたいにこんなに暑くはなかったかな


まあ、適当にやります

皆さんも元気にお過ごしください

では。
その他日常 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »