07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

やっぱり、「数学も分からないなんて…」はイヤだった

2017年08月03日
ごきげんよう。

“やるのかやらないのかはっきりしろよ”

…って感じなんですけどね、結局また数学に対する情熱が
湧き上がってまいりました。

きっかけはいろいろあったんですが…

中学生の頃の卒業アルバムを見ていると、それを探すついでに
当時の通信簿が出てきましてね。

国語と英語の先生からは、「スーパーエリート」と仰って頂いて、
自慢臭いですが小項目オールAの総合で最高評価を頂いていました。

それが高校になるとまあ悲惨でして。



…それからアニメやゲームなどで、いわゆる「おバカ」なきゃらが
学園モノで出てきた時、彼女/彼が苦手とする科目って、
だいたいは数学なんですね。
で、天才キャラが得意とする科目もまた数学です。

「天才は計算処理能力が高い」という、一種の固定観念みたいなものが
あるような気がしまして。



これをとある人(目上)に相談して、「私、数学と仲直りしたいです!」って、
言ったことがあったんですね。

すると、「数学なんか勉強したって、社会じゃ何の役にも立たないよ」
とバッサリ言われてしまいました。

その時はそれに落胆し、「確かにそうだ、言われてみれば
私を劣等生に陥れたクソ科目!」と怒りさえ覚え、
数学を余計に嫌いになったことを覚えています。

でもですよ、社会のためになるとかならないとか言いますけど、
人間は道具じゃないんですからね。
「社会のためになることだけをして生きなきゃいけない」、
となってしまうと惨めなもんですよ。

 小説読む趣味があっても、本は売れるけど
その作品の中身が分かって何か役に立つの?
 ガーデニングの趣味があっても、自分の家の花や木は喜ぶけど、
その庭の外に利益が及ぶの?
 ゲームやって上達しても、そのテクニックが
実生活で役に立つことはあるの?

…とかそんな感じにですね、趣味や、好きでやっていることにまで
意味、意味ってそればっかり考え始めたら、とてもむなしいことです。
究極として人生に無価値感を覚えるようにまでなっては一大事です。

「無意味を楽しむ」ということも、やはり大事だと思うんですね。
もちろん本業が疎かになってはいけませんけれども、
「意味こそすべて、結果こそすべて」となりがちな本業の傍らですることくらい、
やりたいことやったっていいじゃないですか。



皆さんがもし、娯楽のためにやってみようと思いつかれたものの、
「こんなことして何になるんだろう」と思われたことがあったら、
今回の話に通じる部分もあるのではないでしょうか。

ここまで当たり前のことかもしれませんけれど、

「時々いいことしていたら、
たまには好きに遊ばせてくれたっていい」、
これくらいは許してくれる人生でなければ、私はイヤです。



…ちょっと堅い話になってしまいましたが、
趣味から能力の可能性を発見することもある、私はそう信じています。

それではまた。
スポンサーサイト
学習記 | コメント(0) | トラックバック(0)

また夏がやってきた

2017年07月19日
ごきげんよう。

暑いですね。最近日本の夏は本当に暑い。

私の日常はと言いますと、
自然観察のイベントで、主催者の方にかなり信頼を頂いてまして
私は参加者なんですがほぼ補佐?くらいの大役を頂いてます

…なんですが、それでその方面に全然知識なかったら、
他の人にしてみたら、あんた一体何者なわけ?なんですね

これでは化けの皮が剥がれ…なかったらいいねーくらいの状態が
ずっと続いているだけなんで、正直まずくて

なのでその辺の教養をですね、今度こそ本気でつけようって
実用性というと言い方悪いですが、役に立たないことはないというわけなんで

ただここで高校生物!と言ってしまうと
細胞やら器官やらといった、中の中の話ばっかりで
正直有用性あるのかなと思いますが
選り好みはナシかなと…


う~ん

夏休みの宿題みたいですね、懐かしい

あの頃は今みたいにこんなに暑くはなかったかな


まあ、適当にやります

皆さんも元気にお過ごしください

では。
その他日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

自宅マンションが鳥の巣箱になる

2017年07月08日
ごきげんよう。

私の家はとあるマンションの一室ですが、
ツバメやスズメの巣まみれで実質鳥の巣箱です。
どっちが多いかと言われると圧倒的にツバメで、
こいつらもなかなか賢い鳥なんですね。

「人間は僕達襲わない」ということを知っているようで、
わざわざ人間の巣の近くにばかり自分たちの巣を作る
思惑として、

・雨風しのげる
・カラスや蛇に巣を襲撃されるリスクが下がる
 (≒人間がそいつら寄せ付けなくしていることも知っている?)
・天井のコーナーに作れば、木の上にポツンと作るのに比べて
手抜き建築
・電灯にいくらでも虫が寄ってきて食い放題ウェヒヒヒ

などなどいいことばかりなんですね。
このため人の出入りが激しくても、
これらのメリットを取って巣作りを敢行します。

さすがに巣に入ろうとしているところを人間にじっと見られていると、
「あっ、見られた!」と思うのか、入らずに迂回します。
(巣の位置は完全にバレていますが…)

また私も鳥が好きなもので、家を出てすぐのところに
よく留まっているツバメの一族がいるんですが、
何度も見に行っていると、そのうち「なあに?」と
敵意をほとんど捨てて、こちらを見ながら毛づくろいを
するようになりました。

…まあこんなわけなんで、ツバメに急に巣を作られても、
近づかないように…とか、襲ってくるかな…とか、
そういう風に思う必要はないです。

ツバメの巣に近づかないようにしようとすると、
私の場合まず外から家に入れなくなりますので(笑)

それではまた。
その他日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

買ったばかりの新品タブレットPCが充電、起動できなくても、諦めないで!

2017年06月26日
ごきげんよう。
まぁたタブレット買っちゃったわけですよ。性懲りもなく。

説明書をちゃんと見て操作しないと、
痛い目にあってもいけないので、
今回はそれに従うことにしました。



まず、「最初に、電源を入れる前に充電してくれ。
満充電になるまでACアダプタは抜かないでね」とあったので、
その通りに。

最初の表示では60%~70%充電されているようでもあったので、
「ふーん…」と思いつつもしばらく充電。

ところがしばらくすると、
なぜか電池が急激に減って切れそう!?との表示に。

おいおいACアダプタ、てめーは充電してくれていたんじゃなかったのか、
それともまた充電し直すのか…と思っていたんですが、

そろそろ終わったかなと思って見たら電源が入らないんですね。

最初のタブレットでもこんなことがあったので、
ポンコツよこしやがって!! っとキレかけまして。

私もサポートに怒鳴り散らすほどクズじゃないですが、
夜も遅いし明日電話しよう…と思って初日は寝ました。

翌日、問い合わせたら、
「今日はすみませんが休業日で…
また後日かけてください」
との自動応答メッセージで、
どんだけついてねえんだと思ったのですが、

「ついでだから“本当に今でも壊れたままかどうか”確認しよう」
と思いまして。

ケーブルとACアダプタが別のパーツに分かれているのですが、
ケーブルをモバイルバッテリーのものにして、ダメ元で挿し直したら、
なんとすんなり認識しました。

充電も見張っていましたがちゃんとしましてね。
満充電までいったので起動して普通に設定したら、
普通に動作しますし、数日経った今でも不具合なく動作しています。



「えー、昨日このケーブルで、モバイルバッテリーで充電しようとしたら
全く反応しなかったじゃん…」とも思ったのですが、

ここから重要です。
特に発売(製造)から時間が経っている
機器の充電式バッテリーは、
叩き起こされた寝起きの人の機嫌が悪いように、
直ちには立ち上がらない可能性がある
んですね。
今までずっと充電も放電もされずに眠り続けてきたところを、
急に充電されて寝耳に水ですよ。

よく見ると説明書にも、
「空充電の状態から初めて充電した場合、
立ち上がるまでに時間がかかる可能性があります」みたいな
記述があったわけですよ。

「最初の表示では60%………切れそう!?との表示に。」
の部分での挙動が、その
“バッテリーの寝起きゆえの不自然な挙動”
ということだったのではないかと推測しています。



というわけで、結論です。
1. 最初の充電は製品に付属のACアダプタでしましょう
2. 充電できなくてもすぐに諦めず、数十分、数時間、
  翌日にでも再度チャレンジ、です
3. 発売から日にちが経ったタブレットの購入時には、
  新品であっても特に2. の事態になる可能性が高い、と
  留意しましょう




はい、昨日はちょっとキレかけましたけどね、
こういうもんなんだ、果報は寝て待てばちゃんと来るんだって
思いましたね。

それではまた。
モバイル関連 | コメント(0) | トラックバック(0)

自分の記事に助けられるとは…

2017年06月23日
ごきげんよう。

今日はカメラの本で写真の撮り方を少し勉強しまして、

「そういえば16GBのSDカード持っているのに、
どうして私はケチケチして4GBのを使っているんだろう?
持っているんだったら16GBのにすればいいやね」

と思ったわけですが、その夜、

「なんかこういう話、ブログに書いたような」

とも思ったわけです。

やっぱり書いていました。この日の記事ですね。

「写真のデータを危うく失うところだった、
撮り直せない写真を失う前に別のSD使う」
として、信頼性の薄い記憶媒体を使うリスクを
取り上げた記事でした、そういや。

で、その「別のSD」が、
今日まで使っていた4GBのやつだったと。

過去の自分に教わることも、あるもんだなと。

“さらに別の”SD買います。はい。
ついでに言うと、32GB×1枚よりは
16GB×2枚のほうがリスク回避としてはベターですね。
あまり小分けにしすぎると管理が大変ですが…
今出回っているカメラの画素数からしても、
16GBくらいがちょうどいいかと。


それではまた。
PC関連 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »