05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

密林で購入したら海外発送だった

2017年06月06日
ごきげんよう。

突然ですが、密林っていろんな方が出品されてますよね。

私もいつものように、コレクション関係のものを発注したんですが

なんかレビューにもちらほらあったんですが海外発送でしてね

AIR MAILとはっきり書かれたプチプチの袋が届きました。

どことは言いませんがアジアの国です。

「すごーい海外からの荷物だ」と、勝手に国際交流でもしたかのような、

気分に浸っていたんですね。


ところがいつものように凡ミスをやらかします。

1回で済ませればいいのに、ちょっとずつ継ぎ足し必要になったせいで、

3回に分けて注文しちゃったんですね。

要するに(商品代に含まれているとは言え)高い金出さして、

海外から3回も送らせちゃったわけです。


「これ向こうは利益出るの?」と思ってよく見ると、

送り状に内容品の重量と送料が書いてありまして

(私や送り主さんの個人情報なのと、送り状を

ウェブで公開していいものかわからないので

写真は見せられないんですが…)

1500円払った2回めの今回分について、

商品何kgを送るのに6ドル数十セント(米ドル)の

送料がかかったとありました。

日本円で710円くらいであることを考えると、

日本国内間で送ってもこれより高いことあるよな…?

と、ちょっと意外な結果でした。


一応半分強くらいは向こうの売上になっているようですが、

密林には問い合わせとして「お礼」が書けるので、

英語で「3回注文しました。でもこれって、

3回も送らせたってことですよね。お手数おかけしました。

素敵な商品で満足しております」

と送ったら、

「とんでもない。商品を気に入ってくれてありがとう。

またよろしくお願いします」

と、日本人と思われる担当者名とともに日本語で返ってきました。

日本の企業が、仲介しているのかな?うーん…


それにしても、航空便には詳しくないのですが、

何kgで何ドルって書いてあったってことは、

もし1回で済ませていても送ってもらう物の重量は

どのみち一緒なので、

例えば1kg 2ドルなら、3kgだと6ドルという風に、

重量と送料が純比例していた可能性はありますけどね。


…まあ、私が思い悩むことじゃないんでしょうけども。

密林のお礼問い合わせの返事メールで、

「1回で済ませろや!!」って怒られたわけでもないし…。


「また利用してね」って言われたんだから、

また必要になったら利用させて頂く、それでええやん。


商品自体はすごく良品だったので、3件目の到着を待ちます。

…少々、数を買いすぎた感はあるけれども。

それではまた。
スポンサーサイト
その他日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

テレビでちょっと目に留まった方がいましてぇ

2017年05月27日
ごきげんよう。

最近テレビに出ている方でちょっと目に留まった方がいましてぇ

夏井いつき さん

っていらっしゃいますよね

名前でピンとこなかった方はググってもらうと「ああ、あの人ね」と
なると思うんですが、(肖像権の問題からここに写真は貼れないんですよね…)

某番組で芸能人の俳句をバッサバッサとぶった切る、
というので一気に知名度上がった印象ありますね

でも私はあの人は尊敬できるな~と思うんですね

言いたい放題じゃないか、として嫌っている人もいるんですが

率直にものを言う人じゃないですか
その某番組にしてもどうすればよくなるかちゃんと教えます
変に媚びたようなところが一切ないのも好感です

私、よくいるウジウジウジウジした陰湿な日本人大嫌いなんですよ
表では仲良さそうにしているくせに、
裏でコソコソ悪口言う、ああいうの一番ダメですね

一方あの方は面と向かってちゃんとおっしゃります、
「こんなこと言って嫌われたらいやだから…」みたいな、
打算的なところもありません。

別に私の俳句を見てほしいとか、そういうのじゃないんですけど
私は彼女の人柄きらいじゃないけどなー、って、

家族とテレビ見ながら思うこの頃です。

それではまた。
その他日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

父の風邪がかなりマズイ…

2017年05月16日
ごきげんよう。

いまは実家にいるのですが、
父が風邪をこじらせてしまいまして、
ほぼ一日中咳をしています…

うつされたらヤダとかそういうのじゃなく、
ちょっと気の毒なんですね…

で、咳をするとそれだけでカロリーを消費するという話がありましてね、
しんどそうな咳と音を立てまいとする軽い咳では差はあるんですが、
1回につき2kcalくらい消費するらしいんですね。



すぐ計算してしまうのが私の悪い癖なんですが、
まず「人生の3分の1は睡眠」といいますから、
起きているのは残りの3分の2です。

24時間 × 2/3 = 16時間 でございますね。
(厳密には眠りにつけていない間にも咳き込んでいますが…)

次に1分あたり1回、と仮定しましょう。
そんくらい…どころか、それ以上で頻繁でもう心配なんですよ…

16時間 × 60分 = 960分 なので、
960分 ÷ 1分 = 960回(1日あたり)、

咳1発につき2kcalとして

960回 × 2kcal = 1920kcal


えーっと…
そりゃ弱りますよ。

風邪で喉痛めると、喉越しがしんどいので食事が億劫になるんですが、
1日に必要なカロリーとほぼ同量を咳だけのせいで消費しているわけです。

今日はだいぶよくなっていますが、咳の頻度ごとに、
3分に1回 → 1食分
2分に1回 → 2食分
1分に1回 → 3食分(1日分)
のカロリーを咳で消費しているんですね。



なにもドヤ顔をするためにこんな計算をしたわけではありません。
風邪も侮れないのですよ。

ましてや、咳がうるさくて眠れない、なんてことを、
風邪を引いている人に言うのは非情です。
本人からしたら、風邪に悩まされるうえ、
風邪のせいでさせられている咳に対してまで
文句を言われるわけですから、とんだ災難です。

皆さんの周りにも、風邪で咳がひどい方がいらっしゃったら、
しんどいのですが、いつもよりも積極的に食べてもらって、
元気を取り戻してもらえるようにしてあげてください。

皆さんも体調にお気をつけて。
それではまた。
その他日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

タワーPCの進化は凄まじかった…

2017年05月02日
ごきげんよう。

先月末、なんとパソコンを買い替えましてね。
というのも、今まで省スペースPCであまりに不自由したので、
ついにタワーPCデビューしました。

タワーPCなんてあれですよ、
ものすごーく大昔に父が買ってきた、
でかいくせに大した事ないやつ以来ですよ。



今まで予算ケチりすぎて失敗してきた過去があったんで、
奮発しました。特にグラボ。

CPUは Core i3-6100 (去年のモデルの在庫処分です)、
メモリは8GB、
GPUはグラフィックが要りそうな、私がすることと言ったら
PSO2やMMDくらいのもんなんで、
その要求スペックに十分としてGeForce GTX 1050にしたのですが、
ベンチマークしてみてもう感無量ですね。

前のPCに、電源無理して積んだグラボと数値を比べても、
モンハンベンチ デフォルト設定
:    4305     →     24721  (5.74倍)
PSO2ベンチ 3設定 1280x720 ウィンドウモード
:   10668    →      34241 (3.20倍)
と、大幅に性能が向上していました。

あと、PSO2に関してはあの「6設定」もフルHDでいけました。
相当負荷かかっている感じでしたが、13143点出ました。

最近のタワーPCの(GeForceの)グラボは、GTX1000番台が出たお陰で
“ゲームする気はあるのか、あるならしっかり積め、
ないんだったらオンボードだ”という印象ですね。
一時期私が注目していた、GTX 750Tiなんて半分絶滅しかけですよ。

その店、およびその公式通販サイトでは、
私が選んだGTX 1050、その1個下でいま
よく売られているのはGT730という、
Passmark G3D Mark によると、
GTX 1050の2割くらいの性能のやつです。
オンボードがどれくらい進化しているかは、
ちょっと興味がないので調べていませんが…



本体はでかいですが、動作はサックサクです。
買い替えてよかったな、って。
なによりようやくUSB3.0デビュー!
これからまた何年間か、よろしく頼むぞ。

それではまた。
PC関連 | コメント(0) | トラックバック(0)

やはり私も古風な人間で…

2017年04月27日
ごきげんよう。

私も、トリックスター時代には1781年生まれ説がありましてね。
それくらい古風な人間です。

さて、最近、古銭の趣味に目覚めまして、
楽天などで購入して楽しんでおります。
特に明治初期~終戦前後頃に発行された硬貨が好きですね。

…で、イヤホンレビューのように購入した古銭の写真を
ここに掲載して、魅力をお伝え…したかったのですが、
諸事情ありましてショップへのリンクに留めておきます。
(ショップへのリンクにつきましては、
事前にメールで許可をいただきました)



サイト入って左サイドの「日本の近代コイン(1)」、
「日本の近代コイン(2)」、「日本の近代コイン(3)」が、
私のお気に入りです。

(1):金貨・銀貨
(2):白銅貨・青銅貨の一部(現行の100円玉、10円玉の材質)
(3):残りの青銅貨とその他



年代順に並べてみると分かるのですが、
大戦の頃には、現在にはない純ニッケルの硬貨が発行されたり、
枢軸国が劣勢になると硬貨が小さくなってきます。

これは、ニッケルはいざとなったら回収して鋳潰して、
武器などに作り変えるつもりで原料として選ばれたもので、
終戦直前の硬貨が小さいのは、もう戦に何もかもつぎ込みすぎて、
お金を作るような金属がほとんど残っていなかったんですね。

こういったことを古銭は教えてくれて、感慨深いものです。
そこが私を惹きつけているように思います。



こちらのショップではセット販売があるので、ある程度揃いまして、
今は銀貨に目をつけています。
銀貨は銀の含有量が高いほど、大きいほど、
発行が古いほど、発行枚数が少ないほど価値が高くなり、
純銀のものは…私の財力ではまだなかなか…



今回はこのあたりで。
それではまた。
趣味 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »
AIMP - Free Audio Player
巳永の屋敷は、開発者の方々に承認を頂いたAIMP応援ブログです!